メイン設定

Studio One Primeのインストール

2022年1月28日

Stduio One使い方講座

『Studio One使い方講座』トップ

ここでは無料版「Studio One Prime」でのインストール方法について見ていきます。

Studio One Primeを使用するためには次の6つの手順が必要になります。

  • PreSonusアカウントの作成
  • Studio One Primeの購入
  • インストーラーをダウンロード
  • Studio Oneのインストール
  • アクティベーション
  • 音源とループ素材のインストール

基本的に他の作曲ソフトでも上記のような流れになります。

手順が多いので一つ一つ着実に行ってください。また、ソフト指定のフォルダ等を変えると音が出ないといったことが起こりえますので、極力既定の設定を変えずにインストールしていってください。

それでは順番に見ていきます。

PreSonusアカウントの作成

まず最初にメーカーである「PreSonus (プリソーナス)」でアカウントを作らないといけません。

下記からPreSonusのログインページへ移動し、 画面左下の「アカウントを作成」をクリックします。
https://my.presonus.com/auth/login

アカウントを作成

表示が英語になっている場合

出てきたページが英語になっている場合は、下部にある国旗の部分をクリックすれば言語を変えられます。

ログイン画面

ここをクリックすると「Switch Language」という画面が出てきますので、「日本語」を選択しましょう。

国籍選択

「アカウントを作成」というページが出てきますので、姓名やメールアドレスなど必要事項を入力しましょう。

アカウントを作成

「私はロボットではありません」と、「PreSonus使用条件~」「新機能、製品~」 にチェック をいれて『保存』を押します。

そうすると次のように「ようこそ」と書かれた画面が表示されます。

ようこそ画面

画面下部の「My.PreSonusに移動」をクリックすると自分専用のアカウントページに移動します。

アカウントページ

これでPreSonusアカウントは作成できました!

「アカウントの作成に失敗しました」と表示される場合

アカウント作成時に「アカウントの作成に失敗しました」のポップアップが表示される場合があります。

アカウントの作成に失敗しました

この原因は残念ながらわかりませんが、おそらく入力されたメールアドレスに問題があるかもしれません。

GmailやYahooメールなどのフリーメールではこういった画面が出てくるという声もありますので(個人的にもGmailで作ろうとしましたがこの画面が出てきて作れませんでした)、フリーメールではスパム扱いされアカウントが作れなくなっているかもしれません。

その場合は他のメールアドレスを使ってアカウントを作成してみてください。

Studio One Primeの購入

PreSonusアカウントを作成したら次は下記PreSonusショップにて「Studio One Prime」を購入します。購入するといっても無料なのでお金はかかりません
https://shop.presonus.com/Studio-One-5-Prime

うまく購入できない場合はブラウザに問題がある可能性があります。下記の手順通りに行かない場合はブラウザを変えて試してみてください
(Google Chromeがオススメです)。

下図のように「Buy Studio One 5 Prime」のところにある『Add to Cart』をクリックします。

Add to Cart

続いて出てくる画面の右下にある「Proceed to Checkout」をクリックします。

Proceed to Checkout

そして次の画面の「COMPLETE YOUR ORDER」をクリックします。

COMPLETE YOUR ORDER

「ご購入いただきありがとうございました。」という画面が出てくれば購入完了です。右下の「Close」を押して画面を閉じましょう。
※英語表記になっている場合があります

ご購入いただきありがとうございました

アカウントのトップページの「最新製品」のところに先ほど購入した「Studio One Prime」が表示されているはずです。

最新製品

Studio Oneのダウンロード

それでは「Studio One」のファイル(インストーラー)をお持ちのパソコンにダウンロードしましょう。

最新製品に表示されているStudio Oneの画像をクリックします。

最新製品

そうすると次のような画面が表示されます。この中の「インストーラーのダウンロード」というところをクリックします。
※お使いのパソコンOSに自動的に対応したものが表示されます

インストーラーのダウンロード

デスクトップ等わかりやすいところに保存しておきましょう。

インストーラー

Studio Oneのインストール

ではダウンロードしたインストーラーでお使いのパソコンにStduio One Primeをインストールしていきましょう。

OSによって若干見た目が異なりますので、お使いのパソコンのOSに合わせて見ていってください。

Windows版の場合

前回までの手順でインストールしたインストーラーをダブルクリックしてください。

インストーラー

そうすると下図のように「セットアップウィザードへようこそ」という画面が出てきます。そのまま次へをクリックしましょう。

セットアップウィザードへようこそ

続いて「ライセンス契約書」が出てきますので、こちらも「同意する」で構いません。

ライセンス契約書

次の画面ではインストール先を指定できます。ここでは特に変えずそのままのフォルダにインストールすることをお勧めします。

インストール先の指定

「インストール」ボタンを押すとインストールされます。

インストール

特に問題がなければ「セットアップウィザードは完了しました」と表示されます。「完了」ボタンを押してインストールを完了させてください。

セットアップウィザードは完了しました

デスクトップにStudio Oneのアイコンが表示されていますので、そちらをダブルクリックするとStudio Oneが起動します。

アイコン

Mac版の場合

前回までの手順でインストールしたインストーラーをダブルクリックしてみましょう。

Macインストーラー

そうするとインストーラーが立ち上がります。

インストーラー

下図のように、左側のStudio Oneのアイコンをドラッグして「Applications」フォルダの方向へ持って行きます。

ドラッグ

そうするとインストールが開始します。

インストール

コピーがすべて終了したらこれでインストールは完了です。

Studio Oneを起動するには「アプリケーション」フォルダ内にStudio Oneのアイコンがありますので、それをクリックして起動します。

アイコン

アクティベーション

Studio One Primeをお使いのパソコンで使えるようにするには「アクティベーション」という認証作業(有効化作業)が必要になります。

起動するとPreSonusにログインするよう求められますので、アカウントに登録したメールアドレスとパスワードを入力します。

ログイン画面

「認証情報を保存」にチェックを入れ、「ログイン」を押すとStudio Oneがアカウントに登録されます。

続いて出てくる画面で、「Studio One Primeを実行」を選択し、「Studio One Primeをアクティベート」をクリックします。。

Studio One Primeを実行

次のように「ありがとうございました。~~アクティベートされました」と表示されます。再起動を求められたらそのまま「はい」で構いません。

アクティベーション完了

音源とループ素材のインストール

では最後の手順として、音源(Studio One Prime上で使えるバーチャル楽器)とループ素材(作曲に役立つ素材集)をインストールしましょう。

Studio Oneを起動すると、自動的に「Studio Oneインストール」ダイアログが表示されていると思います。

Studio Oneインストール

もし表示されていない場合は、メニューバーの「Studio One」から『Studio Oneインストール』を選択してください。

Studio Oneインストール

まずはダイアログ内の「設定」のところで「フルインストール」にしておきましょう。Studio One Primeは容量は多くないので、フルインストールでもそんなにお使いのパソコンのディスクドライブを圧迫することはないです。

パッケージ

最後に画面右下の「インストール」ボタンを押せばインストールが開始します。

インストール

インストールされる場所はダイアログ内の「インストール先」で指定されているフォルダになります。

インストール先

トラブルを防ぐためにも、「インストール先」は変えないことをお勧めします

インストールが完了すると、インストール先に音源やループ素材(サウンドセット)がダウンロードされているはずです。

サウンドセット

これでStudio One Primeを使用する準備は完了です。お疲れ様でした!!

次のページでは「オプション設定:前編」について見ていきます。

-メイン設定