メイン設定

無償版『Studio One 6 Prime』のダウンロード&インストール手順

Studio One Prime

『Studio One使い方講座』トップ

ここでは無償版「Studio One Prime」でのインストール方法について見ていきます。

Studio One Primeを使用するためには次の6つの手順が必要になります。

  • Studio Oneデモ版ページへアクセス
  • Studio Oneデモ版をアカウントに登録
  • Studio Oneデモ版のダウンロード
  • Studio Oneのインストール
  • アクティベーション
  • 音源とループ素材のインストール

手順が多いので一つ一つ着実に行ってください。

また、ソフト指定のフォルダ等を変えると音が出ないといったことが起こりえますので、極力既定の設定を変えずにインストールしていってください。

それでは順番に見ていきます。

Studio Oneデモ版ページへアクセス

Studio One Primeは、Studio Oneのデモ版とソフトが共通になっているので、まずはデモ版をインストールします。

Studio Oneのデモ版ページへアクセスしましょう。
https://my.presonus.com/studioonedemo

そうすると、下図のようなページが表示されます。

Studio Oneデモ版ページ

表示が英語になっている場合は下部の国旗のところをクリックすると、日本語に変えることができます。

言語選択
国旗

↑ 目次へ戻る ↑

Studio Oneデモ版をアカウントに登録

デモ版をインストールするには、開発メーカーであるPreSonusのアカウントにStudio Oneデモ版を登録しないといけません。

PreSonusアカウントをお持ちでない方と、PreSonusアカウントをお持ちの方で分けて見ていきます。

PreSonusアカウントをお持ちでない場合

今現在アカウントをお持ちでない方は、アカウント作成とデモ版の登録が一緒に取得できるようになっています。

先程のデモ版ページ内の「サインアップ」を選択し、アカウント作成に必要な①名前・②メールアドレス・③任意のパスワードを入力します。

アカウント作成

そして、④「新機能、製品、特別提供、イベントに関するPreSonusアップデートを受け取ることに同意します」にチェックを入れ、最後に⑤「アカウントを作成」をクリックします。

そうするとPreSonusアカウントが作成され、同時にデモ版がマイアカウントに登録されます。

マイアカウント

PreSonusアカウントをお持ちの場合

PreSonusのアカウントをお持ちの方はデモ版ページ内の「ログイン」を選択し、アカウントに登録している①メールアドレスと②パスワードを入力し、最後に③ログインをクリックします。

ログイン

そうするとマイアカウントに遷移し、デモ版が登録されます。

マイアカウント

↑ 目次へ戻る ↑

Studio Oneデモ版のダウンロード

それでは「Studio One」のファイル(インストーラー)をお持ちのパソコンにダウンロードしましょう。

マイアカウントに表示されている「インストーラーのダウンロード」というところをクリックします。

インストーラーのダウンロード

上図では「Windows」版になっていますが、お使いのパソコンのOSによって自動的に変わります

インストーラーをデスクトップ等わかりやすいところに保存しておきましょう。

Studio One インストーラー

↑ 目次へ戻る ↑

Studio Oneのインストール

ではダウンロードしたインストーラーでお使いのパソコンにStduio One Primeをインストールしていきましょう。

OSによって若干見た目が異なりますので、お使いのパソコンのOSに合わせて見ていってください。

Windows版の場合

では前回までの手順でインストールしたインストーラーをダブルクリックしてください。

Studio One インストーラー

まずは言語を選びます。そのまま「日本語」で良いでしょう。

言語選択

そうすると下図のように「セットアップウィザードへようこそ」という画面が出てきます。そのまま次へをクリックしましょう。

セットアップウィザードへようこそ

続いて「ライセンス契約書」が出てきますので、こちらも「同意する」で構いません。

ライセンス契約書

次の画面ではインストール先を指定できます。ここでは特に変えずそのままのフォルダにインストールすることをお勧めします。

インストール先

「インストール」ボタンを押すとインストールが開始します。

インストール開始

特に問題がなければ「セットアップウィザードは完了しました」と表示されます。「完了」ボタンを押してインストールを完了させてください。

セットアップウィザードは完了しました

デスクトップにStudio Oneのアイコンが表示されますので、そちらをダブルクリックしたらStudio Oneが起動します。

Studio One アイコン

Mac版の場合

前回までの手順でインストールしたインストーラーをダブルクリックしてみましょう。

Macインストーラー

そうするとインストーラーが立ち上がります。

インストーラー

下図のように、左側のStudio Oneのアイコンをドラッグして「Applications」フォルダの方向へ持って行きます。

ドラッグ

そうするとインストールが開始します。

インストール

コピーがすべて終了したらこれでインストールは完了です。

Studio Oneを起動するには「アプリケーション」フォルダ内にStudio Oneのアイコンがありますので、それをクリックして起動します。

アイコン

↑ 目次へ戻る ↑

アクティベーション(認証作業)

Studio One Primeをお使いのパソコンで使えるようにするには「アクティベーション」という認証作業(有効化作業)が必要になります。

起動するとPreSonusアカウントにログインするよう求められますので、アカウントに登録したメールアドレスとパスワードを入力します。

ログイン画面

もし上図のような画面が表示されない場合は、メニューバーの「Studio One」から『サインイン』を選択してください。

サインイン

「認証情報を保存」にチェックを入れ、「ログイン」を押すとStudio Oneの認証情報がアカウントに登録されます。

続いて出てくる画面で、「Run Studio One Prime ~~(あるいはStudio One Primeを実行)」を選択し、「Studio One Primeをアクティベート」をクリックします。

Studio One Prime

次のように「ありがとうございました。~~アクティベートされました」と表示されます。再起動を求められたらそのまま「はい」で構いません。

アクティベーション完了

↑ 目次へ戻る ↑

音源とループ素材のインストール

では最後の手順として、音源(Studio One Prime上で使えるバーチャル楽器)とループ素材(作曲に役立つ素材集)をインストールしましょう。

Studio Oneを起動すると、自動的に「Studio Oneインストール」ダイアログが表示されていると思います。

Studio Oneインストール

もし上図のような画面が表示されない場合は、メニューバーの「Studio One」から『Studio Oneインストール』を選択してください。

Studio Oneインストール

まずはダイアログ内の「フルインストール」に合わせます。

Studio Oneインストール

Studio One Primeはそんなに容量が大きいわけではないのでフルインストールでもディスクを圧迫しないと思います。

そして、画面右下の「インストール」ボタンを押せばインストールが開始します。

インストールされる場所は、ダイアログ内下部にある「インストールオプション」というところを押すと表示されます。下図の「インストール先」で指定されているフォルダにインストールされます。

インストールオプション

トラブルを防ぐためにも、「インストール先」は変えないことをお勧めします

インストールし終わったら「Studio Oneを再起動してください」と表示されますので、「今すぐ再起動」を押します。

Studio One再起動

そうすると、Studio One Primeが起動します。

Studio One Prime

これでStudio One Primeを使用する準備は完了です。お疲れ様でした!!

よく読まれています!

Studio One Prime 1

無償版「Studio One Prime」のダウンロードとインストール方法について解説しています。

Presenceのプリセットがない場合の対処法(応急処置) 2

Presenceのプリセットがない、あるいはアップデート等でいつの間にかなくなっていた場合の対処法について解説します。

ソング全体の調整 3

Studio Oneでの拍子やキー、テンポの変更など、ソング全体に関わるぶぶnについて解説しています。

ピアノロールビューでのMIDI入力 4

Studio Oneのピアノロールビューの見方と、音符(MIDIノート)の打ち込み方について見ていきます。

Qwerty Keyboardを使う 5

Studio Oneでの「Qwerty Keyboard」の使い方について解説しています。

-メイン設定