Studio One Prime 使い方講座トップ > ソングの保存

ソングの保存

ソングの保存

続いて、ソングの保存方法について見ていきます。
ソングを保存するには、画面上部にあるメニューバーから「保存」をクリックするだけです。

Studio One Primeの保存

既定では、「Ctrl+S」のショートカットキーが割り当てられているので、そちらでも保存ができます。

「保存」するたびに上書きされますが、別のファイルとして保存することができます。
その場合は、「別名で保存」もしくは「新規フォルダに保存」をクリックします。

Studio One Primeの保存

「別名で保存」にした場合は、今現在編集しているファイルと同じフォルダに格納されますので、Aパターン/Bパターンのような、パターン違いの楽曲の場合に役立ちます。

一方「新規フォルダに保存」は全く違う楽曲として、元の楽曲と分けたい時に役立つと思います。



Studio Oneで作成したデータを他のDAWでも使いたい/編集したいということでしたら、「MIDIファイル」として保存しておく必要があります。

まずは、メニューバーの「ファイル」から『別名で保存』を選択します。

別名で保存

「別名で保存」ダイアログの下部にある「ファイルの種類」というところの『Studio One ソング(*.song)』をクリックすると、Studio One以外のファイル形式を選択できます。この中にある『MIDIファイル(*.mid,*midi)』を選択して保存します。

別名で保存

次のような警告が出ますが、そのまま「MIDIファイルフォーマットを使用」をクリックします。

MIDIファイルフォーマットを使用

そうすると、保存場所にMIDIファイルが作成されます。

MIDIファイル
※お使いのパソコンによっては上図とアイコンが異なる場合があります

このMIDIファイルを他のDAWに読み込ませればそちらのDAWでも編集ができます。ただし、MIDIファイルに保存されているのはあくまでトラック名やピアノロールで打ち込んだ情報だけですので、音色(音源)を新たにセットしないといけません。

また、オーディオ素材は含まれませんので、オーディオ素材を使っている場合は改めてDAWにインポートする必要があります。