作曲本レビュー トップ > 『ちゃんとした和声学書を読む前に読んでおく本』

『ちゃんとした和声学書を読む前に読んでおく本』侘美秀俊著

『ちゃんとした和声学書を読む前に読んでおく本』侘美秀俊著

『ちゃんとした和声学書を読む前に読んでおく本』侘美秀俊著

こちらは、『ちゃんとした音楽理論書を読む前に読んでおく本』の姉妹版にあたるものです。

前著同様、会話のやり取りから内容に進むというスタイルは統一されていて、今回は「センセー」と「ワオンちゃん」とのやり取りになっています。
※前著では「センセー」と「リロンちゃん」

タイトルに「ちゃんとした和声学書を読む前に」ということで何となくあまり理論を知らない状態でも読めるかなと思いきや、ダイアトニックコードはもちろん、セカンダリードミナントやテンションコードなどを理解していることを前提として説明されていますので、コード理論をある程度理解していることが求められます。

内容としてはアレンジに重きを置いていて、ベースのアレンジから始まって、ボイシング法やボイスリーディング、アボイドノート、ハモリなどについて言及されています。

理論における「禁則」についても扱っていて、どちらかというと厳格なクラシック向きに対応したものと言えますが、ポピュラー音楽上でのアレンジも併記されていますので、ポピュラー音楽での作曲/編曲にも役立ちます。

譜例とサンプル音声(ダウンロード形式)もありますし、悪い例と良い例の聴き比べもできるようになっていて、理解しやすさへの配慮もされていると感じました。

全体としてミニTips的な内容になりますが、その一つ一つが作曲/編曲に非常に重要と思えるところで、色々理論書を読んでいても案外知らなかった(意識していなかった)と思える部分も多いのではないかと思います。

理論書でのとりこぼしがないかを確認するためにもこちらの本は読んでおく価値が十分にあると言えます。

ぜひコード理論を学んだらこちらも読んでみてください。