作曲本レビュー トップ > 『DAWトラック・メイキング クラブ・ミュージック的作曲術』

『DAWトラック・メイキング クラブ・ミュージック的作曲術』Watusi著

『DAWトラック・メイキング クラブ・ミュージック的作曲術』Watusi著

まさにアレンジャー向けの本です。

ハウス、テクノ、エレクトロ、ヒップホップ/R&B、ダブステップ、ドラムンベースのジャンルを扱った、ダンス・クラブ系に特化した内容です。

本のタイトルに、「トラック・メイキング」や「作曲術」という言葉があるので、音楽理論的な部分があるように思えますが、どちらかというと作曲の後のアレンジ(編曲)に重きを置いています。

なので、どうすればそのジャンルっぽさをだせるか、どうアレンジすればそのジャンルになるかを勉強する本と思っておいてください。

「ビート(リズム)⇒ベース⇒上もの(コード)」という流れで解説されています。

付属CDにはドラム各キットのエフェクトをかける前とかけた後の例、ベースや上もの(コード系楽器)のMIDIファイルやサンプル音源が入っています。

またピアノロール画面やエフェクトのつまみ画面等、画像も多用されているので、視覚的にもイメージがつかみやすいと思います。

この本は本格アレンジ向けですので、初心者の方や作曲方法について学びたい方には向いていないです。

『DAWトラック・メイキング クラブ・ミュージック的作曲術』
Watusi著