Windowsか、Macか?

パソコンを動かすシステム、これをOS(Operation System)といいますが、このOSには2種類あります。

それが「Windows」と「Mac」です。一昔前ですと、ビジネスは「Windows」趣味系は「Mac」というイメージがありました。作曲ソフトもMacが主流でした。

ただ、Windows対応の作曲ソフトも充実して、今ではほとんど差がないというのが現状です。

個人的には、「Windows」系パソコンは安価だが動作に難あり、「Mac」系パソコンは動作は良いが高価というイメージがあります。

どちらを選ぶかはやはり使う作曲ソフトによると思います。使いたい作曲ソフトが「Windows」のみしか対応してなければ「Windows」しかありませんし、「Mac」にしか対応してなければ「Mac」を購入するべきです。

ただ、Macには「BootCamp」といって、Windows OSのソフトがあれば、MacとWindows両方使えますので、これを利用するのもありですね(金額の負担は多くなりますが、MacとWindowsの2台パソコンを購入するよりはるかにマシです)。

以前は、作曲ソフト(DAW)はWin系かMac系に分かれていましたが、最近ではどちらにでも対応しているものが多く見られます。

ちなみに主な作曲ソフト(DAW)の対応OSを記しておきます。

Cubase(Win/Mac両対応)
SONAR(Winのみ)
ProTools(Win/Mac両対応)
Logic Pro(Macのみ)
Didital Performer(Mac/Win対応)
Acid(Winのみ)
FL STUDIO(Winのみ)
Singer Song Writer(Winのみ/Macに対応しているものは旧バージョン)