Studio One Prime 使い方講座トップ > Notionとの連携:その4

Notionとの連携:その4

Notionで音符入力

Notionの五線とStudio Oneの音源が連携されましたので、Notionに音符を打ち込んでいくとStudio Oneの音源が鳴るようになります。つまり疑似的にStudio Oneに楽譜モードを追加することができました。

それでは実際に音を打ち込んでいきましょう。

まずはNotionの画面右上にある「スコアセットアップ」という青いボタンを押して、入力機能を有効にします。

スコアセットアップ

五線の下に音符や休符、記号類のパレットが表示されていますので、これで目的のものを選んで五線に打ち込んでいきます。

パレット

ここでは簡単に4分音符で「ドレミファ」と打ち込んでみました。

音符

打ち込むと、Studio Oneの「Notion」トラックの音量インジケーターも連動して動きます。

音量インジケーター

打ち込んでも何の音も鳴らないという場合は、Studio Oneの「オプション」画面にある『オーディオデバイスをバックグラウンドで解除』のチェックマークを外しておきましょう。

オプション


再生・停止も連携されていますので、Studio Oneの画面からでも、Notionの画面からでも再生・停止ができるようになります。

一つ注意なのが、Studio OneのファイルとNotionのファイルは別物なので、Studio Oneのファイルだけを保存してもNotionのデータまでは保存されません。

ですので、必ずStudio OneのファイルとNotionのファイルを両方とも保存するようにしてください。

毎回2つのファイルを保存するのが面倒ということでしたら、次の「データの送信」でいずれかのソフトにファイルをまとめるようにしてください。