Studio One Prime 使い方講座トップ > Notionとの連携:その3

Notionとの連携:その3

Studio Oneの音源とNotionの五線を連携

Notionが立ち上がったら、「新規スコア」を押して楽譜入力画面を立ち上げます。

新規スコア

新規スコアを立ち上げただけでは何も表示されていません。

新規スコア

NotionでもStudio Oneと同様、「トラック」を作らないといけません。
まず、画面右にある「Rewire MIDI」というところをクリックします。

Rewire MIDI

そうすると、上部に「Rewire バス」というところが表示されます。
別にどれを選んでも構いませんが、ここでは例として「Rewireバス1」の中にある『チャンネル1』を選択します。

チャンネル1

選択すると、「Rewire 1:Ch.1」というトラック(五線)が挿入されます。

Rewire 1:Ch.1


では再びStudio Oneに戻って、今度はStudio Oneの「Notion」トラックと、先ほど作ったNotionの「Rewire 1:Ch.1」トラックを連携させましょう。

まずはStudio Oneの「Notion」トラックの縦幅を広げます。

Notion

上図の「なし」となっているところはNotionで鳴らしたい音源を指定します。
先ほどPresenceのGrandPianoを立ち上げたので「Presence」を指定します。

その下の「すべての入力」には、Notionのどのトラックと連携させたいかを選びます。先ほどNotionで「Rewireバス」の中にある『チャンネル1』トラックを作成しましたので、「Notion」と「Bus 1 - Channel 1」に指定します。

Notion

これでStudio Oneの音源(PresenceのGrandPiano)とNotionの五線が連携されました。

ここでは例としてPresenceのGrandPianoを使いましたが、サードパーティー製の音源を使う場合はその音源を指定してやります。