Studio One Prime 使い方講座トップ > アンドゥ(Undo)とリドゥ(Redo)

アンドゥ(Undo)とリドゥ(Redo)

アンドゥ(Undo)とリドゥ(Redo)

【アンドゥとは】

作曲は試行錯誤の連続なので、一度行った作業(メロディの動きや音の配置等)を元に戻したい場合があります。

行った作業を元に戻すことを「アンドゥ(Undo)」と言います。
「Studio One Prime」では、メニューバーの「編集」から『取り消す』を選択します。

取り消す

「取り消す」の右隣に、一番最新の作業が表示されます。
※上図の場合「イベントをペイント」

この「取り消す」を押すごとに、作業が一つずつ戻っていきます。

わざわざ「取り消す」を押すのが面倒な時は、「Ctrl」キーを押しながら「Z」を押すと同じ効果が得られます。

「Ctrl」キーを押しながら「Z」を連打すると、複数回の作業を元に戻すことができます。

【リドゥとは】

作業を元に戻しすぎた、あるいはやはり元の方が良かったなど、「取り消す」作業を取り消したい場合も出てきます。

これを「リドゥ(Redo)」と言います。

「リドウ(Redo)」もメニューバーの「編集」から『やり直す』を選択します。

やり直す

あるいは「Ctrl+Y」を押しても同じ効果が得られます。


「Ctrl+Z(アンドゥ)」や「Ctrl+Y(リドゥ)」のコマンドは作曲ソフトに関わらず、Wordなどのソフトでも使えるコマンドですので、覚えておくと良いでしょう。