Cubase使い方講座トップ > キーエディターでMIDI入力:その6

Cubaseでのキーエディターを使ったMIDI入力:その6

キーエディターでMIDI入力:その6

打ち込みが終わったら再生してみましょう。
再生はトランスポートパネルの再生ボタン(▶)から可能です。

再生ボタン

トランスポートパネルが表示されていない場合は、メニューバーの「トランスポート」から『トランスポートパネル』を選択します。

トランスポートパネル

再生が有効になると、次のように再生ボタンが黄緑色に変わります。

再生ボタン

停止する場合はその左隣の停止ボタン(■)を押します。

停止ボタン

ちなみに、再生と停止はキーボードの「Space」キーでも可能です。
いちいち再生ボタンと停止ボタンを押すのが面倒な場合は「Space」キーを使いましょう。


一定区間同じところを何度も再生したい場合は「サイクル」機能を使いましょう。

「サイクル」機能も同じくトランスポートパネルにあります。
停止ボタンの左隣にある丸い矢印が書かれたマークのところです。
ここをクリックすると紫色に点灯します。

サイクル

そして、小節番号の上のところにマウスカーソルを持っていくと、マウスカーソルが鉛筆マークに変わります。

鉛筆マーク

この状態で右にドラッグすると紫色の帯が表示されます。

サイクル

この帯がかかっているところは停止ボタンを押さない限り、延々とループ再生されることになります。上図の場合なら、この4小節の区間が延々と再生されることになります。

同じところを何度も聴いて確認したい場合はサイクル機能を使いましょう。