Cubase使い方講座トップ > キーエディターでMIDI入力:その1

Cubaseでのキーエディターを使ったMIDI入力:その1

キーエディターでMIDI入力:その1

前回までの方法でソフト音源をセットすれば、音を入力することができます。

ではMIDI入力用のトラックを作成します。
メニューバーの「プロジェクト」から「トラックを追加」で、「MIDI」を選択します。

MIDI

「MIDIトラックを追加」ダイアログで、『トラックを追加』をクリックします。

トラックを追加

トラック表示部分に「MIDI」トラックが作成されます。

MIDIトラック


音を入力するためには、音を入力するための枠が必要になります。
これを「MIDIイベント」といいます。このMIDIイベントがない限り、音を入力することができません。

MIDIイベントを設置するには、まずは「鉛筆ツール」に切り替えて、ドラッグしながら入力する小節分まで延ばして行きます。

ここでは、4小節分のMIDIイベントを作成しました。

MIDIイベント

再び「オブジェクトの選択」ツールに切り替えて、このMIDIイベントをクリックすると「キーエディター」が表示されます。

キーエディター

「キーエディター」は一般的には『ピアノロール』と言われることがあります。

これで、音を入力する準備が整いました。
では実際に音を打ち込んでいきましょう。