作曲本レビュー トップ > 『サルでもわかる音楽理論』

『サルでもわかる音楽理論』津本幸司著

『サルでもわかる音楽理論』津本幸司著

お察しの通り、サルにはわかりません・・・。
「サルでもわかる」はあくまで比喩だということを理解しておく必要があります。
※わざわざ言わなくてもわかると思いますが

こちらの本は、各項目を2~4ページ程度で簡潔に説明しています。
細かく一つ一つを説明しているわけではなく、譜例をたくさん使っているというものでもありません。

誤解がないように言っておくと、あくまでこれは当初からのこの本のコンセプトです。あえてこういう構成にしています。

登場人物である「タロー君」と「花子さん」の会話に対して、「博士」が助けを出す(より詳しく説明する)という形が主になっています。

ちゃんとした音楽理論書を読む前に読んでおく本』でもそうですが、会話形式で説明するというのが最近の傾向なのでしょうか?
※しかも、どちらもなぜか女性が気の強い感じに描かれている・・・

会話の中で説明にたどり着くという形なので、やや回りくどい部分はありますが、こういう形式の方が理解しやすい方もおられるはずでしょう。

上・下巻があり、上巻はおもに音名や音部記号、拍子、メジャー/マイナースケール、ダイアトニックコードなどなど楽典的な部分が中心になっています。

下巻は応用的なコードを中心に、他の音楽理論書でも言及されていないような、非常に高度なコード理論やスケールまで言及されています。

これまである程度音楽理論書を読んでこられた方にとっては、下巻のみ購入するというのも十分アリです。

この上下巻をすべて理解できれば、より複雑な理論書でも対応できるぐらいです。
予習用にも復習用にもなる本なので、読んでおく価値はアリです。

ただ、サンプル音声がありませんので、楽器等で自分で確認しなければならないのが難点といえます。



『サルでもわかる音楽理論(上巻)』津本幸司著 『サルでもわかる音楽理論(下巻)』津本幸司著

『サルでもわかる音楽理論』津本幸司著