作曲本レビュー トップ > 『MIDI打ち込みでバンド・アンサンブルを作る本』

『MIDI打ち込みでバンド・アンサンブルを作る本』山中 剛著

『MIDI打ち込みでバンド・アンサンブルを作る本』山中 剛著

この本は、いわゆるバンドサウンド(ドラム・ベース・ギター・キーボード)のMIDIアレンジ方法について見ていくものです。

あくまで「アレンジ」ですので、各楽器はそもそもどのように打ち込むか(演奏されるか)を知らないと理解するのが難しいかもしれません。

冒頭では各楽器についての紹介がありますが、あくまで楽器についてのみです。

すでに打ち込みについて知っていて、よりリアルなものにしたい、別のアレンジ法を知りたいという方にとっては参考になるでしょう。

こちらはCubaseのピアノロール(キーエディタ)画面で解説されていますし、Cubase用のプロジェクトファイルがダウンロードできますので、Cubaseユーザーにとってはとっつきやすいのではないでしょうか?

Cubaseのピアノロール画面を見ながら、本を読み進めることができます。

ただ、どのDAWでも対応できるように、MIDIファイルがダウンロードできますので、Cubaseユーザー以外でも大丈夫です。
※MIDIファイルを使う場合は、いちいち音色を割り当てないといけませんが

また、WAVE形式のサンプル音声(2Mixと各楽器)もありますので、イメージしやすいでしょう。

全部で16曲分のサンプルファイル(アレンジ例)があり、1セクション(Aメロ・Bメロ・サビなど)だけを想定していますので、だいたい各ファイル8小節くらいの長さになります。

コード進行も載っていますが、ところどころノン・ダイアトニックコードが入っており、なぜそういうコードが使えるのか等、理論的な説明はほとんどないので、音楽理論(コード理論)をあまり知らない人にとっては難しく感じるコード進行もあるはずです。

音源・エフェクトのパラメーターの画像も載っており、各パラメーターはどのような作用があるのかを知ることができます。

いつもプリセットのまま使っていて、音を変化させたいけどどこをいじればよいのかわからないという人にもおすすめできます。



『MIDI打ち込みでバンド・アンサンブルを作る本』山中 剛著
『MIDI打ち込みでバンド・アンサンブルを作る本』山中 剛著