作曲本レビュー トップ > 『聴くだけ楽典入門 ~ 藤巻メソッド』

『聴くだけ楽典入門 ~藤巻メソッド』藤巻浩著

『聴くだけ楽典入門 ~ 藤巻メソッド』藤巻浩著

コード作曲法」「コード編曲法」に続いての第3弾目です。

今回は「楽典」に焦点を当てています。前作・前々作同様、音声講義がついています。
音声講義は6時間を超えています。

「楽典」というと、クラシック的で難しそうというイメージを持たれると思いますが、
簡単に言えば、音楽の基礎(土台)にあたる部分です。

そのため、ここをしっかりと理解出来ているかで、今後作曲出来るか・できないかを分ける
と言っても過言ではないと思います。

楽譜、五線、音部記号、音程、コード等々、音楽の中で本当に大切な部分が中心となっています。
※当スクールでは主に「ベーシック編」で取り扱うところです

終盤には対位法にも言及されているので、初心者の方からある程度知識のある方まで、
幅広い方々にお使いいただける内容になっているのではと思います。

ちなみに、「対位法」は「和声法(コード理論)」と同じくらい重要なところですが、
あまり作曲スクールでは取り扱われていないところが多いようです。

内容も高度で濃く、硬派な感じを受けられたので、少し聴きながら退屈してしまうかもしれません。

本当に、音楽に対して全くの初心者の方は、絵などを多用したもっと軽めの「楽典本」をお勧めします。

『聴くだけ楽典入門 ~ 藤巻メソッド』藤巻浩著