作曲本レビュー トップ > 『きちんと知りたいDTMerのための打ち込み基礎知識』

『きちんと知りたいDTMerのための打ち込み基礎知識』高橋信之著

『きちんと知りたいDTMerのための打ち込み基礎知識』高橋信之著

こちらの本は元々「コンプリートMIDIプログラミング・ブック」という、打ち込みの教科書的な本の改定新装版になります。

改定新装版になって大きく変わったところは、MIDIファイルとmp3が付属(ダウンロード形式)しているというところです。

文章や図だけではわかりづらいところもあろうかと思いますので、これらのファイルが参考になるのではないでしょうか?

本の内容としては打ち込みテクニックや注意事項が主で、各種楽器特有の奏法を打ち込むためのプログラミング法についても解説されています。

取り扱っている楽器は「ドラム」「ベース」「ギター」「キーボード」「ストリングス」「ブラス」になります。

元々の「コンプリートMIDIプログラミング・ブック」が発売された時期は、各種奏法をよりリアルに聴こえるように、ベロシティやピッチベンド、エクスプレッションなどを駆使して再現するというのが主流でした。

ただ、今となっては専用音源だけでなく、DAWの付属音源にさえも各種奏法の音色があったり、1つの音色の中に奏法を切り替えるキーが割り当てられたりしていることが多く、実際に打ち込んで再現するというのは比較的少なくなってきたように思います。

そのため、やはり内容が「一昔前」感が否めません。

専用音源を持っていない、DAW付属音源に各種奏法の音色やキーがないという方には参考になるところがあるだろうと思います。

ただ、ベロシティ(音の強弱)・デュレーション(音の長さ)・ロケーション(音のタイミング)については自分でプログラミングする部分が主なので、こういうところについては参考になるかもしれません。

あくまで基礎的な部分なので、もっと応用的なMIDIプログラミングについて知りたい場合は、『DTM打ち込みフレーズ制作技法』篠田元一著の方がお勧めです。



『きちんと知りたいDTMerのための打ち込み基礎知識』高橋信之著
『きちんと知りたいDTMerのための打ち込み基礎知識』高橋信之著