作曲本レビュー トップ > 『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』

『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』ジュリア・キャメロン著

『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』ジュリア・キャメロン著

こちらはタイトル通り、ずっとやりたかったことをやりましょう!という内容になっています。ただこのタイトルは日本語版のみのもので、原題は『The Artist's Way』となっています。

内容としては、人は誰しも創造的であり、アーティストであるというコンセプトになっています。

この本では、より創造的になるツールとして「モーニング・ページ」と「アーティスト・デート」が紹介されています。

「モーニングページ」は毎朝30分程度その時の心情をただノートに書き続けるというものです。

何も書くことがない!と思う方もいらっしゃるかと思いますが、著者に言わせると、それなら「何も書くことがない!」と書けば良いと言っています。つまり、今思っていることすべてを吐き出すこと(脳の排水)がモーニング・ページの第一歩です。

もう一つのツールである「アーティスト・デート」は、1週間に2時間程度「アーティストである自分」をデートに誘ってあげましょうというものです。

いつも気になっていたけど入ったことがないお店や、いつもなら気にもかけないようなモノにあえて目を向けてみるなどなど、デートの時のように自分がウキウキなれるものに接することで創造性が満たされるとしています。


ただ、自分はアーティストとして活動しているわけではないし、特に創作活動を行っているわけではないという方もいらっしゃるかと思いますが、内容としては仕事やプライベートでも生かせる部分も多いです。

ところどころスピリチュアル的な部分があって苦手に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、著者自身人生のどん底の中で導かれた内容なので、本の端々には勇気が持てるが数々あります。

より創造的になりたい方、何となく日常に刺激が少ないと感じておられる方には非常におすすめです。



『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』ジュリア・キャメロン著
『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』ジュリア・キャメロン著