設定

プロジェクト作成と保存

プロジェクト作成と保存

Cubaseのインストールが終わったら、実際にCubaseでプロジェクト(作曲ファイル)を作成してみましょう。また、ここではプロジェクトの保存についても見ていきます。

プロジェクトの作成

Cubaseを起動してみましょう。まずはアイコンをダブルクリックします。

アイコン

Mac版ならアプリケーションフォルダにある「Cubase.app」をクリックしてください。

アイコン

そうするとCubaseが起動します。

Cubase起動

続いて「Steinberg Hub」と呼ばれる画面が表示されます。

Steinberg Hub

画面右側に、あらかじめ用途ごとにテンプレートファイルが用意されていて、上のタブから目的のものを選択します。

テンプレート

ここではテンプレートではなく、何もない空のプロジェクトを作成してみましょう。

「その他」タブの中の『Empty』を選択するか、画面下の「空白のプロジェクトを作成」をクリックします。

Empty

そして、プロジェクトの保存場所(下図の赤枠)とプロジェクトフォルダ―名(下図の黄枠)を設定し、「作成」ボタンを押します。

プロジェクト作成

そうすると、プロジェクト画面が立ち上がります。

Cubaseプロジェクト

プロジェクトの保存

Cubaseで作成したプロジェクトを保存するときは、メニューバーの「ファイル」から『保存』を選択します。

保存

ただ、「保存」を選択すると、完全に上書きされます。

上書きせず、前に保存したものと別パターンとして保存したい場合は、「名前を付けて保存」か「新しいバージョンを保存」を選択します。

保存

「名前を付けて保存」ではファイル名や保存先を変えることができるので、元のファイルとは分けて保存しておきたい時に有効です。

一方、「新しいバージョンを保存」では今現在作っているフォルダ内に保存されるので、パターン違いのようなものを作る時に有効です。

「新しいバージョンを保存」では元のファイル名に通し番号を付けて保存されます。

新しいバージョン

テンプレートの作成

バンド形式など、いつも作成する楽曲形態が同じということがあります。プロジェクトの作成の度に毎回同じトラックを作成するのも作業が大変です。

そこで、ある程度ベースとなるトラック状態を「テンプレート」として保存しておけばすばやく作曲活動に入れます。

ここでは「テンプレート」の作成方法について見ていきましょう。

まず、ベースとなるトラック状態を作成しておきます。ここでは次のように、ボーカルとギターはオーディオトラック、ピアノ・ベース・ドラムはMIDIトラックとしました。
※ここでは例としてこの5トラックのみですが、通常はもっとトラック数が多くなるのも珍しくありません

トラック

同じものをプロジェクトを作るごとに毎回作成するのは面倒なので、テンプレートとして保存します。

方法は、メニューバーの「ファイル」から『テンプレートとして保存』をクリックします。

テンプレートとして保存

そうすると、「テンプレートとして保存」ダイアログが表示されます。

テンプレートとして保存

ダイアログ内下部にある「属性インスペクター」で『Template Category』を選択し、続けてその右隣にある「Value」の欄をクリックします。

テンプレートとして保存

ここに表示されているものは、プロジェクト起動時に出てきた「Steinberg Hub」のタブを表しています。

Steinberg Hub

例えば、「レコーディング」タブ内に表示させたいなら『Recording』、「スコア作成」タブに表示させたいなら『Scoring』を選択します。「その他」タブに表示したい場合は特に属性を設定しないか、「None」を選択します。

ここでは「その他」タブ内に表示させたいので特に設定せず、「新規プリセット」でテンプレート名を『Band』にしました。

新規プリセット

そうすると、「Steinberg Hub」の中に先ほど作った「Band」テンプレートが表示されています。

テンプレートファイル

次のページでは「各種設定」について見ていきます。

-設定