Studio One Prime 使い方講座トップ > 付属音源「Presence」の立ち上げ:その1

付属音源「Presence」の立ち上げ:その1

付属音源「Presence」の立ち上げ:その1

「Studio One Prime」には、『Presence』というソフト音源が付属しています。
MIDI入力はこの音源を使って行います。

ただし、Prime版ではこの音源以外は使えないシステムになっているので、すでに他の音源を持っている方は注意が必要です。
※上位版では別売(サードパーティ製)の音源も使用可能です。

では、実際に音源をセットする方法から見ていきます。
音源をセットするには、画面右端の「インストゥルメント」をクリックします。

インストゥルメント

「PreSonus」⇒「Presence」と辿っていき、「Artist Instruments」をクリックすると、「Presence」内の音色が表示されます。

「Bass」「Drum kit」「Strings」など、ある程度楽器ごとに分類されているので、目的の音色が探しやすいです。

インストゥルメント

例えば、「Bass」の『Accoustic Bass』音色をセットしたい場合は、『Accoustic Bass』をクリックし、そのままトラックビューまでドラッグします。

Accoustic Bass

左クリックを離すと、自動的に『Accoustic Bass』の音色がセットされたトラックと、その音色を細かく調整できるPresenceのプロパティ画面がでてきます。

Accoustic Bass

音源のプロパティ画面内に表示されているキーボードで、その音色を聴いてみてください。

キーボード

音色を変えたい場合は、プロパティ画面の左上にある『Accoustic Bass(現在設定されている音源名)』をクリックすると、すべての音色が表示されますので、目的の音色へ変更できます。

音色変更

プロパティ画面を消してしまっている場合は、音色を変えたいトラック名の隣にある鍵盤マーク(下図の赤枠)をクリックすると、再び表示することができます。

プロパティ画面表示