ステップ2:伴奏をつける

伴奏では「コード」を使います。

「コード」について詳しくは『ミニ「コード理論講座」』のところで
説明しておりますので、まだお読みでない方は、そちらをお読みください。

「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」という7つの音のみでできたコードを
色々並び替えて、自分のアイディアにあったものを作りましょう。

ここでは、『ミニ「コード理論講座」』の例4「②→⑤→①→⑥→②→⑤→①」
というコード進行を使いましょう。


このコード進行に、ステップ1のリズム(ドラム)を加えます。
そうすると、ただの音の並びだったコード進行に「曲っぽさ」がグッと出てきます。


とりあえずステップ1の「Pops・Rock系ドラム」を加えてみましょう。

◉コード進行例4+Pops・Rock系ドラム
※コード進行のテンポはドラムにあわせています


◉コード進行例4+R&B系ドラム
では、今度は同じコード進行に前回の「R&B系ドラム」を付け加えてみましょう。
※コード進行のテンポはドラムにあわせています


◉コード進行例4+Dance系ドラム
では、今度は同じコード進行に前回の「Dance系ドラム」を付け加えてみましょう。
※コード進行のテンポはドラムにあわせています


どうでしたか?「コード+ドラム(リズム)」でかなり曲っぽさが出てきたでしょう。
しかもドラムを変えるだけで同じコード進行(伴奏)でも、かなり雰囲気も変わっていくのが
わかるのではないでしょうか?

プロの方でも同じ方法で作曲をしていきます。

まるで着せ替え人形を楽しむかのようにドラムを変えたり、コードを変えたりしながら、
自分のイメージにあうものを探っていくんですね。

次の(ステップ3:メロディーをつける)へ