DAW (作曲ソフト) 作曲初心者

DTM?DAW?MIDI? - DTMにまつわる重要な専門用語を解説します!

DTM?DAW?MIDI? - DTMにまつわる重要な専門用語を解説します!

DTMを始めるにあたって最初の難関。それは「横文字の専門用語が多くて理解できない!」というところではないでしょうか?

ここでは、ぜひ知っておいて欲しいDTMの専門用語や違いについて見ていきます。

DTMとDAWについて

DTMとDAWについて

まずは「DTM」と「DAW」について見ていきます。文字の見た目が似ているのでややこしいですが、それぞれの意味と違いについて見ていきましょう。

DTMとは?

そもそも「DTM」という用語は「DeskTop Music」の略で、そのまま「ディー・ティー・エム」と読みます。

直訳すると「机上音楽」になりますが、”パソコンを使った作曲”を指す意味で使われています。

今ではレコーディングスタジオがなくても、その名の通り机の上にパソコンを置くだけで作曲ができるようになりました。

DAWとは?

パソコンだけがあっても何もできません。作曲ができるパソコンソフトが必要です。

その作曲ができるパソコンソフトを「DAW (Digital Audio Workstationの略)」と言います。こちらもそのまま「ディー・エー・ダブリュー」と読みますが、「ダウ」とローマ字読みする方もいらっしゃいます。

中の人
DTMはパソコン作曲のこと、DAWはパソコン作曲する際に使うソフトのことです

ちなみにDAWは複数のメーカーから出されており、主なものは下記の通りです。

  • Steinberg(スタインバーグ)社『Cubase (キューベース)』
  • PreSonus(プレソナス/ プレソーナス)社 『Studio One (スタジオワン)』
  • Apple(アップル)社 『GarageBand (ガレージバンド)』と『Logic Pro (ロジックプロ)』
  • Avid Technology(アビッドテクノロジー)社 『Pro Tools (プロツールス)』
  • Ableton(エイブルトン)社 『Ableton Live (エイブルトンライブ)』
  • BandLab Technologies(バンドラボテクノロジーズ)社 『Cakewalk by BandLab(ケークウォークバイバンドラボ)』
  • Internet(インターネット)社『ABILITY (アビリティ)』と『Singer Song Writer (シンガーソングライター)』

などです。

無料で使えるものもあるので、最初は無料のもので十分です。ちなみに、上記の中では「GarageBand」と「Cakewalk by BandLab」が無料ソフトで、「Studio One」と「Pro Tools」にも有料版とは別に無料版が用意されています。

CubaseとAbleton Liveにも無料版がありますが、音楽機材に付属しているものなのでユーザーが限られています。

おすすめの無料DAWについては下記をご参考にしてみてください。

↑ 目次へ戻る

MIDIとオーディオについて

MIDIとオーディオについて

DAWがあれば作曲(DTM)ができるようになるのですが、DAWは絵画で言うところの画用紙みたいなもので、何の情報も入っていません。ただここに絵が描けます(作曲できます)よというだけです。

ですので、作曲するためにはDAWに音を入力していく必要があります。その入力方法として「MIDI」と「オーディオ」があります。

MIDIとは?

「MIDI」は、「Musical Instrument Digital Interface」の略で「ミディ」と読みます。

簡単に言うと、電子楽器同士や、電子楽器とパソコンの間でデータのやり取りをスムーズに行えるようにするものです。

例えばパソコンのキーボードで「d」と打つと、パソコン画面上にも「d」と入力されますね。それと同じで、ある電子楽器である音を入力すると、他の楽器やパソコン上でも同じ音が入力(出力)される仕組みになっています。

MIDIには、「音の高さ」「音の入力されたタイミング」「音の長さ」「音の強さ」などの細かな情報が含まれているので、他の楽器やパソコンでも忠実に再現できるというわけです。

DAWには電子楽器を使わなくてもMIDI入力が可能になっていて、MIDI入力用のモードとして主に「スコアモード」と「ピアノロールモード」があります。

スコアモード・ピアノロールモード
Studio Oneでの例

スコアモードは見たままですが、DAWに用意されている五線譜にそのまま音符を打ち込んで音を入力していくものです。

ピアノロールモードは、ピアノロールビューと呼ばれる五線をグラフィカルにしたものに音を入力していくものです。ピアノロールビューの方が視覚的にわかりやすく、楽譜が苦手な方でも安心して入力することができます。

中の人
DAWによってはスコアモードがない場合もあります

いずれも実際の楽器を使って入力するわけではなく、あくまで音の高さや長さなどのデータを入力するだけなので、楽器が弾けない方でも安心して作曲ができるようになっています。

オーディオとは?

DAWではMIDI以外に、「オーディオ」も扱うことができます。オーディオというのは、「音声として形になったもの」です。

DAWにそのオーディオ素材を取り込んだり、また実際の楽器演奏をICレコーダーやMTR等に録音するのと同じような感覚で、DAWに入力(レコーディング)することも可能です。

オーディオの場合は、下図のように波形になってDAWに表示されます。

オーディオ波形
Studio Oneでの例

MIDIとオーディオの決定的な違い

MIDIは単なる音の情報だけで、音声自体はMIDIには入っていません。その音の情報(MIDIデータ)を読み取ってDAWで音を出しているだけです。ですので、MIDIは後からでも内容を自由に変えることができます。

一方オーディオは、音声として形になってしまっているので、後から変えるのは容易ではありません。

他の例でいうなら、MIDIは「原稿」、オーディオは「原稿の内容を録音したもの」という風にみることができます。

原稿の内容は単なる文字の状態(MIDI)なのでいつでも変更が可能です。ただそれをすでに読んで録音してしまったら(オーディオ)変えるのはできません。

↑ 目次へ戻る

音源とエフェクトについて

音源とエフェクトについて

DAWで実際に作曲するにあたってよく出てくる「音源」と「エフェクト」について見ていきます。

音源とは?

先ほどの「MIDIとオーディオの決定的な違い」のところで、MIDI情報を解読してDAWで音を出しているという話をしました。

そうです、MIDIは単なるデータ(文字列)にすぎないので、MIDIのままだと音が鳴りません。ですので、このMIDI情報を読み取って音に変えてくれるものが必要です。

それが「音源」です。音源は簡単に言うと、"バーチャル楽器"になります。

音源の役割

オーディオはもうすでに音声になっているので、音源がなくてもDAWで音が出る状態になっています。

音源には、「音源モジュール」と呼ばれるハードウェアのもの(電子機器)と、ソフトウェアになったものがありますが、今ではソフトウェアのもの(ソフトウェア音源)の方が主流です。

エフェクトとは?

音源とよくセットで使われる言葉として「エフェクト」があります。

エフェクトというのは音を加工してくれるものです。一番身近なものとしてEQ(イコライザ)があります。

よく音楽再生プレイヤー等の機能の中に「Jazz」や「Rock」「Pops」などジャンル名が書かれていて、目的のものを選択すると少し音が変わって聴こえてきます。

これがエフェクトの効果です。DAWにもこういった加工ソフトが付属しています。

ギターを弾かれる方はエフェクターを使ったことがあるかもしれませんが、それと同じようなものがソフトとしてDAWで使えるようになっています。

プラグインとは

ちなみに、ソフトウェア音源やエフェクトを総称して「プラグイン(ソフト)」と呼ぶ場合もあります。

これはDAWに機能を付け足す(拡張機能)というところから、プラグを差し込む(インする)ようなイメージでそういう名前になっています。

ソフトウェア音源やエフェクトは最初からDAWに付属していますが、プラグインソフト専門のものも様々なメーカーから出ています。

DAWとプラグインソフトは別個のものなので、そのままだとDAW上では使えません。ですので、DAWとプラグインソフトをつなげる必要があります。

そのつなげるものとして主なもので「VST (Virtual Studio Technology)」「AU (AudioUnits)」「AAX (Avid Audio eXtension)」があります。

DAWによって採用しているものが異なっています。主なDAWでは次のようになっています。

  • 『Cubase』:VST
  • 『Studio One』:VST / AU
  • 『GarageBand』と『Logic Pro』:AU
  • 『Pro Tools』:AAX
  • 『Ableton Live』:VST / AU
  • 『Cakewalk by BandLab』:VST
  • 『ABILITY (アビリティ)』と『Singer Song Writer』:VST
中の人
VST・AU・AAXは、下図のようにDAWとプラグインソフトをつなぐ“接着剤”のイメージで捉えておいてください
プラグイン規格

大抵はどのプラグインソフトでも「VST」「AU」「AAX」3つに対応していますが、まれにVSTだけとかAUだけという場合もあります。

当然ですが、VSTだけのプラグインソフトでは、AUにしか対応していない「GarageBand」や「Logic Pro」、AAXにしか対応していない「Pro Tools」では使えません・・・

中の人
プラグインソフトを別途購入する場合は、自分のDAWのプラグイン規格に対応しているか事前に確認しておきましょう

↑ 目次へ戻る

トラックとは?

トラックとは?

DAWに音を入力するとなった場合、ボーカルもギターもベースも一つにまとめてごっちゃにしてしまうと個別で編集できなくなっています。

ですので、それぞれのパートごとに「トラック」と呼ばれる枠に分けて音を入力していきます。

トラック
Cubaseの場合

MIDIやオーディオデータがトラックで仕切られているため、ボーカルだけ・ピアノだけというように、それぞれ個別にアレンジすることが可能です。

MIDI入力用のトラックを「MIDIトラック」、オーディオ入力用のトラックを「オーディオ(AUDIO)トラック」と言います。ちなみに、ソフトウェア音源を利用する場合のMIDIトラックを「インストゥルメントトラック」と呼びます。

DAWでもそれぞれの種類に応じたトラックを作ることができるようになっています。

トラック
Cubaseの場合

↑ 目次へ戻る

レイテンシとオーディオインターフェースについて

レイテンシとオーディオインターフェースについて

実際の演奏をレコーディングする場合、パソコンのマイク端子から行うのはかなり難があります。

なぜならマイク端子から入ってきた音を処理するのに時間がかかってしまい、DAW内のタイミングとどうしてもずれてしまうためです。

こういったずれを「レイテンシ」といいます。

そこでこのレイテンシを極力小さくしてくれるのが「オーディオインターフェース」と呼ばれる機械です。

オーディオインターフェース

オーディオインターフェースは、楽器とパソコンとのデータのやり取りをスムーズに行うもので、レコーディングには必須の機械になります。

中の人
MIDI入力中心での作曲の場合は特に必須ではありません

以上、DTMにまつわる重要な専門用語について見てきました。

この内容を理解できればおそらくDTMやDAWの解説書を読んでもスムーズに理解できるのではないかと思います。

参考になりましたら幸いです。

-DAW (作曲ソフト), 作曲初心者