DTMおすすめツール トップ > Chordjam > シーケンサーの使い方:その4

シーケンサーの使い方:その4

シーケンサーの使い方:その4

今回はChordjamが自動的にコード進行やコードリズムを作ってくれる「ロボモード」についてみていきます。ロボットのマークが点灯しているか確認しておいてください。

ロボモード


まずは使いたいコードを指定します。画面真ん中にある●が赤くなっている鍵盤だけ使用される仕組みなっています。

コード

ここでは「ド」「ファ」「ソ」の部分が赤くなっているので、バーチャルキーボードのドを押した場合に鳴る「Cmaj7」、ファを押した場合に鳴る「Fmaj7」、ソを押した場合に鳴る「G7」のみが使われるということになります。

使いたいコードを増やしたい場合はそのまままだ色の付いていない〇の部分をクリックして、選択状態にすればよいだけです。下図のようにすると、新たに「Em7」が使えるようになります。

コード

〇の右側にあるハンバーガーメニューのような3本線のところをクリックすると、既存曲でよく使われるコード進行集みたいなものが表示されるので、それを参考にしてみるもの良いかもしれません。

コード

プリセットのコード進行にあった音(コード)だけが選択状態になります。

コード

ここでは元の「Cmaj7」「Fmaj7」「G7」だけの状態にしておきます。


使うコードが決まったので、今度はコードリズムを設定します。コードリズムは画面右側にあるハイハットのマークがあるところで選択できます。

コードリズム

既定では「POP #2」というところをクリックすると、各ジャンルに適したコードリズムがプリセットとして用意されています。

コードリズム

ここでは例として「EDM #1」というプリセットを適用してみます。こちらをダブルクリックしてみましょう。

コードリズム

そうするとご覧の通り、先ほど指定したコードで、自動的にコードバッキングが完成します。

コードリズム

コードの鳴る順番は先ほどのコード進行集のところで指定した順番になってしまいます。コードの鳴る順番を変えたい場合は再度コード進行集のところに行きます。

そして、「SELECTED KEYS」のところで、『F』と『G』の順番を変えてみましょう。

SELECTED KEYS

そうすると、先ほど「Cmaj7⇒Fmaj7⇒G7」の順番で鳴っていたものが、「Cmaj7⇒G7⇒Fmaj7」の順番に変わります。

SELECTED KEYS

「SELECTED KEYS」では、コードの右下部分をクリックすると同じコードを増やすことができますので、こういった中でコード進行を練ってみてはいかがでしょうか?
※ダブルクリックするとコードを消すことができます

SELECTED KEYS