DTMおすすめツール トップ > Chordjam > アルペジエーターの使い方

アルペジエーターの使い方

アルペジエーターの使い方

Chordjamでは「アルペジエーター」が搭載されています。
アルペジエーターというのは、コード音を自動的にバラバラにして鳴らしてくれる機能のことです。

まずは「TIME」の左端にある『ARP』を選択しましょう。

ARP

あとは下部のバーチャルキーボードを押さえれば良いだけです。


どういう風にバラバラに鳴らすのかの設定もできます。

【RANDOM】
「RANDOM」に設定すると、その名の通りランダムにコード音が鳴ります。

RANDOM

鳴らす音の順番や長さ(リズム)もランダムになります。


【UP】
「UP」に設定すると、コード音のルート音から順番になっていきます。

UP

例えば「C」なら、ド⇒ミ⇒ソ⇒ド⇒ミ⇒ソ・・・という風に鳴っていきます。
押している鍵盤を変えると、そのコードにあった音に自動的に変わります。

鳴るリズムは「RATE」というところから変えることができます。

RATE

既定の「1/16」だと、16分音符の連打になります。
目的のリズムに変えましょう。

また、「SWING」のところでスウィングをかけることができます。

【DOMN】
「DOMN」に設定すると、逆に高い音から低い音へ鳴るようになります。

DOMN

例えば「C」なら、ソ⇒ミ⇒ド⇒ソ⇒ミ⇒ド・・・という風に鳴っていきます。

【UP & DOMN】
「UP & DOMN」に設定すると、一旦高い音まで行ったら、そこから逆に低い音へ戻るように鳴ります。

UP & DOMN

例えば「C」なら、ド⇒ミ⇒ソ⇒ミ⇒ド・・・という風に鳴っていきます。

【DOMN & UP】
「DOMN & UP」に設定すると、高い音から低い音へ行き、そして高い音に戻るように鳴ります。

DOMN & UP

例えば「C」なら、ソ⇒ミ⇒ド⇒ミ⇒ソ・・・という風に鳴っていきます。

【ALL (CHORD)】
「ALL (CHORD)」に設定すると、和音が連続して鳴ります。

ALL (CHORD)

「RATE」で指定しているリズムに合わせて鳴るだけです。