SONAR使い方講座トップ > 譜面ビューで打ち込み:その3

SONAR 譜面ビューで打ち込み:その3

譜面ビューで打ち込み:その3

【音符の移動】

打ち込んだ音符を移動させたい場合は、移動させたい音符をクリックし、そのままドラッグするだけです。

音符の移動
※灰色の音符が元の音符、赤の音符が移動後の音符を表しています

移動させたいところまでドラッグしたら、左クリックを離します。そうすると、移動が完了します。

音符の移動

移動の単位は最初に入力した音価によります。
たとえば「1/4」で入力した場合、4分音符ごとにしか移動できません。

細かく移動するには、ツールモジュールの入力単位を「1/16」にすると、16分音符ごとに移動できます。

1/16

通常、楽曲全体で一番短い音符が「16分音符」という場合が多いので、あまり移動単位が細かすぎるのも編集しづらくなります。

移動は横だけでなく、縦(音の高さ)の変更も可能です。先ほどと同様に、ドラッグして上下させるだけです。

高さの変更
※灰色の音符が元の音符、赤の音符が移動後の音符を表しています

通常のドラッグでは、あらかじめ設定している調のスケール音ごとにしか高さが調節できませんが、ドラッグ中に右クリックも押すと、半音単位の調節が可能になります。

半音移動



【音符の複製】

音符の複製はピアノロールでの方法と同じように、パソコンキーボードの「Ctrl」キーを押しながら、ドラッグして移動させます。

「Ctrl」キーを押しながら、複製したい音符をクリックすると、マークが表示されます。

+マーク

クリックしたまま移動させると、同じ音符が複製されます。

音符の複製

左クリックを離すと完成です。

音符の複製