ミニTips

「コンピュータ キーボード」を使う

2022年2月9日

Cakewalk by BandLab使い方講座

『Cakewalk by BandLab使い方講座』トップ

Cakewalk by BandLabには、パソコンのキーボードをMIDIキーボード代わりにできる「コンピュータ キーボード」という機能が用意されています。

それではその使い方を見ていきましょう。

コンピュータキーボードの起動

まずは、「コンピュータ キーボード」で演奏したいトラック(音源がセットされたインストゥルメントトラック)を用意します。

ここでは付属音源の「SI-Electric Piano」を割り当てたトラックを用意しました。

トラック

そして、メニューバーの「表示」から「バーチャルコントローラー」へ行き、その中の『コンピュータ キーボード』を選択します。

コンピュータキーボード

そうすると「コンピュータ キーボード」が起動します。

コンピュータキーボード

「コンピュータ キーボード」の使い方

白鍵と黒鍵

「コンピュータ キーボード」は表示されている文字をパソコンのキーボードでタイプすると該当する音がなる仕組みになっています。

コンピュータキーボード鍵盤

画面上の赤枠部分「ASDFG・・・」の流れがピアノの白鍵になっていて、パソコンキーボードの「A」を押すとド、「S」を押すとレ、「D」を押すとミ・・・という風になります。

また、画面上の青枠部分「WETYU・・・」の流れがピアノの黒鍵になっていて、パソコンキーボードの「W」を押すとド♯(レ♭)、「E」を押すとレ♯(ミ♭)、「T」を押すとファ♯(ソ♭)・・・という風になります。

また、パソコンキーボードの「W」がド♯(レ♭)、「E」がレ♯(ミ♭)・・・となっており、この横のラインが黒鍵を示しています。

複数のキーを同時に押すことで和音演奏も可能です

音域の変更

「コンピュータ キーボード」では音域の変更が可能です。

「Z」を押すと1オクターヴ音域を下げることができ、「X」を押すと1オクターヴ音域を上げることができます。

オクターブ変更

あるいは、パソコンのキーボードの矢印キーでも可能です。左向きの「◀」だと1オクターブ下がり、右向きの「▶」だと1オクターブ上がります。

オクターブ変更

現在設定されている音域は画面上部で確認できます。

オクターブ

オレンジになっているところなので、現在なら「A」を押すと「C1」のドが鳴るということになります。

ベロシティの変更

「コンピュータ キーボード」ではベロシティも操作できます。

「C」を押すとベロシティを下げることができ、「V」を押すとベロシティを上げることができます。

ベロシティ変更

「V」の右隣に書いてある数値(上図では「95」)が現在設定されているベロシティ値になります。

こちらもパソコンのキーボードの矢印キー(上下キー)でベロシティを調整することができます。

ベロシティ変更

サスティンとモジュレーション

その他、「Tab」キー(下図赤枠の「Hold」と書かれているところ)を押すとサスティンペダルを押した状態と同じになり、パソコンのキーボードから指を離しても音が鳴り続けます。

サスティン/モジュレーション

また、上図青枠の「1」~「5」の部分をタイプすることで、モジュレーションのオン/オフ、強弱を設定することができます。
※モジュレーションの動きは音源によって変わります

MIDIレコーディングも可能!

「コンピュータ キーボード」を使ってリアルタイムレコーディングも可能なので、MIDIキーボードをお持ちでない方はオススメです。

レコーディング

「コンピュータ キーボード」でレコーディングする際は、トラックの「I (インプット)」のところを『仮想コントローラ』にしておかないといけません。

また、「コンピュータ キーボード」が起動している状態でないとレコーディングできませんので注意してください。

Cakewalk by BandLab使い方講座』トップへ戻る

-ミニTips