ギター初心者のための弾き方&作曲講座トップ > 「キー(調)」とは?

「キー(調)」とは?

「キー(調)」とは

ある程度、まとまりを意識した「メジャースケール」と「マイナースケール」。

このどちらかのスケール音のみで作曲すれば、当然楽曲全体もまとまり感が出てきます。

この楽曲全体のまとまり感を音楽では「キー(調)」といいます。

「調」という漢字は、「調和」や「協調」などのように、まとまりを表す言葉に付きますね。

メジャースケールで作られた音楽を「メジャーキー(長調)」、マイナースケールで作られた音楽を「マイナーキー(短調)」といいます。

スケールにない音を使って作曲すると、「キー(調)」も変わったようになってしまいます。

つまり、まとまり感のある作曲をするなら、あるスケールの音のみを使って、作曲しなければなりません(ただし、杓子定規にスケール外の音を全く使わないというのも、あまり面白みがない曲と言われますが・・・)。

では、例としてCメジャーの伴奏と、Cメジャーを軸に少しキー(調)から逸脱した伴奏を聴き比べてみましょう。

若干、後の方が「まとまり感」がないように聴こえませんでしたか?
最初の伴奏と後の伴奏は、ほんの2~3音変えただけです。
そのたったの2~3音で「まとまり感」が薄らいでしまいます。

これが「調」のチカラです。