楽器

メジャーコードとマイナーコード - ギター弾き方&作曲講座

メジャーコードとマイナーコード

【ギター弾き方&作曲講座】トップ

ここではコードそのものの「響き」に焦点を当ててみていきます。

メジャーコードとマイナーコード

Cメジャースケール音のみで7つのコードができあがりましたが、各コードの響きはマチマチです。

たとえば「ド・ミ・ソ」のコード。響きはとても安定的で、明るい響きを持ったコードといえます。

しかし、一方で「レ・ファ・ラ」のコードは暗く感じます。

人によっては、特別暗くは聴こえないけど・・・という方もいらっしゃると思います。決してそういう感覚は間違いではありません。

この違いはなんでしょうか?

それは、コードのルート(起点の音)と2番目の音の距離に由来します。

下図が「ド・ミ・ソ」のコードと、「ド」から各音への鍵盤数を示したものです。

ドミソ

対して、下図が「レ・ファ・ラ」のコードと、「レ」から各音への鍵盤数を示したものです。

レファラ

この図をみると、ルートと3番目の音までの鍵盤数はともに「8コ」分です。

しかし2番目の音へは、「ド」と「ミ」では「5コ」、「レ」と「ファ」では「4コ」しかありません。つまり、ルートと2番目のまでの音の距離が、「明るい」「暗い」を分けているのでは?と想像できますね。

ためしに、「ド」と2番目の距離が5コの場合と、「4コ」の場合のトライアドを聴き比べてみましょう。

【「ド」と「ミ」:鍵盤数5コ】

【「ド」と「ミ♭」:鍵盤数4コ】

なんとなく「鍵盤数4コ」の方が暗く感じなかったでしょうか。

では、続いて「レ」を起点とした場合の違いを聴き比べてみてください。

【「レ」と「ファ」:鍵盤数4コ】

【「レ」と「ファ♯」:鍵盤数5コ】

「レ」の場合も同様、「鍵盤数5コ」が明るく、「鍵盤数4コ」の方が暗く聴こえます。

ということで、結論!!

コードは、ルートと2番目の音が鍵盤数5コある場合は明るく響き、鍵盤数4コの場合は暗く響く

音楽では、この明るく響くコードは「メジャーコード」、暗く響くコードは「マイナーコード」といいます。この場合、「ド・ミ・ソ」のコードは「メジャーコード」、「レ・ファ・ラ」のコードは「マイナーコード」になります。

「メジャー」や「マイナー」という言葉もこれで3回目です。

1:メジャースケールとマイナースケール
2:メジャーキーとマイナーキー
3:メジャーコードとマイナーコード

「メジャー=明るい」「マイナー=暗い」は徹底していますね。

メジャーコードとマイナーコードに分けてみよう

では、その他のダイアトニックコードも、「メジャーコード」と「マイナーコード」に分けてみましょう。

「ミ・ソ・シ」から見ていきます。

【「ミ・ソ・シ」の場合】

ミ・ソ・シ

ルートと2番目の音との距離は「鍵盤数4コ」です。つまり、「ミ・ソ・シ」のコードは「マイナーコード」になります。

【「ファ・ラ・ド」の場合】

ファ・ラ・ド

ルートと2番目の音との距離は「鍵盤数5コ」です。つまり、「ファ・ラ・ド」のコードは「メジャーコード」になります。

【「ソ・シ・レ」の場合】

ソ・シ・レ

ルートと2番目の音との距離は「鍵盤数5コ」です。つまり、「ソ・シ・レ」のコードは「メジャーコード」になります。

【「ラ・ド・ミ」の場合】

ラ・ド・ミ

ルートと2番目の音との距離は「鍵盤数4コ」です。つまり、「ラ・ド・ミ」のコードは「マイナーコード」になります。

【「シ・レ・ファ」の場合】

シ・レ・ファ

ルートと2番目の音との距離は「鍵盤数4コ」です。つまり、「シ・レ・ファ」のコードは「マイナーコード」になります。

ちなみに、ルートと3番目の「ファ」の鍵盤数は7コで、他のコードと違う点にも注目しておきましょう。

ということで、メジャーコードとマイナーコードグループは次のようになります。

【メジャーコードグループ】

  • 「ド・ミ・ソ」
  • 「ファ・ラ・ド」
  • 「ソ・シ・レ」

【マイナーコードグループ】

  • 「レ・ファ・ラ」
  • 「ミ・シ・シ」
  • 「ラ・ド・ミ」
  • 「シ・レ・ファ」

-楽器