ギター初心者のための弾き方&作曲講座トップ > 「ダイアトニックコード」とは?

「ダイアトニックコード」とは?

ダイアトニックコード(メジャー)

前回は、「ド」を起点とした3つの音でコード(トライアド)を作りました。

では同じことを、「レ」を起点とした時、「ミ」を起点とした時などを見ていきましょう。

「レ」を起点とした場合のトライアドは・・・「レ・ファ・ラ」



「ミ」を起点とした場合のトライアドは・・・「ミ・ソ・シ」



「ファ」を起点とした場合のトライアドは・・・「ファ・ラ・ド」



「ソ」を起点とした場合のトライアドは・・・「ソ・シ・レ」



「ラ」を起点とした場合のトライアドは・・・「ラ・ド・ミ」



「シ」を起点とした場合のトライアドは・・・「シ・レ・ファ」

になります。

五線上に並べると、おもしろいことに団子の串刺し型になります。

ダイアトニックコード

以上7つのコードを順番に聴いてみましょう。


このCメジャースケールの音のみを使ってできた7つのコードを「ダイアトニックコード」といいます。

この場合、Cメジャースケール音のみでできあがったダイアトニックコードですので、「Cメジャーのダイアトニックコード」といいます。