Cubase使い方講座トップ > オーディオ/MIDIトラックの作成

Cubaseでのオーディオ/MIDIトラックの作成

オーディオ/MIDIトラックの作成

プロジェクトの新規作成時に「Empty」を選択すると、何のトラックもない画面が表示されます。

プロジェクト

この状態から自分でトラックを作成しなければなりません。

トラックには、ギターやボーカルなどのレコーディングを扱う「オーディオトラック」と、外部音源やソフト音源などMIDIを扱う「MIDIトラック」の2種類があります。

まずはオーディオトラックの作成方法からみていきます。

メニューバーの「プロジェクト」から「トラックを追加」へ行き、『Audio』を選択します。

Audio

そうすると、「オーディオトラックを追加」ダイアログが表示されます。

オーディオトラックを追加

「数」には作成したいトラック数を入力します。
「構成」ではステレオ録音かモノラル録音かを選択できます。
「トラック名」でわかりやすい名前を付けておきましょう。

最後に「トラックの追加」をクリックすると、トラック表示部にオーディオトラックが作成されます。

オーディオトラック


MIDIトラックも同様の手段で可能です。
メニューバーの「プロジェクト」⇒「トラックを追加」⇒「MIDI」を選択します。

MIDIトラック

続いて出てくる「MIDIトラックを挿入」ダイアログで『トラックを作成』をクリックすると、MIDIトラックが作成されます。

MIDIトラック

ソフト音源を使ったMIDIトラックの作成方法については、『ソフト音源を立ち上げる:その1』をご覧ください。