Dominoを使ったミニ作曲講座トップ > Dominoでドラムトラック作成 その1

7:Dominoでドラムトラック作成 その1

それでは、今回は「ドラムトラック」を入力していきます。
ほとんどの方にとってドラムは馴染みの薄い楽器だと思います。

「ドラム」について詳しくは、実際の作曲レッスンで行いますが、
ここは難しいことは考えず、同じように真似をしていってください。


そもそも「ドラム」という単体の楽器はありません。
「ドラム」は複数の打楽器の総称です。

ドラムフレーズで大半を占める打楽器は次の3つです。

◉キック(バスドラム)
◉スネア
◉ハイハット(クローズハイハット)

この3つを中心にドラムフレーズ(ドラムトラック)を組み立てていきます。

パソコンにはあらかじめドラム音源が内蔵されていますので、
Dominoを使ってドラムを再現することが可能です。

ドラムを入れることによって、単なる音の流れだったコード進行に抑揚感が生まれますので、
ぜひドラムトラックも作成するようにしましょう。


それでは、Dominoでドラムトラック作成の準備をします。

画面左上の「A1 ( Piano1 )」というところがあります。
これは現在使用されている音色のことです。

カレントトラック

この「▼」ボタンを押して、「A10」というところをクリックします。

ドラムトラック起動

※10トラック目は、ほとんどの作曲ソフトで、ドラム用のトラックとして
あらかじめ指定されている場合が多いです。



そうすると、いろんな打楽器が書かれた、新しいピアノロール画面が出てきます。

ドラムトラック

これで、ドラム入力が可能になります。

では、次回(8:Dominoでドラムトラック作成 その2)で、実際にドラムの各音を入力していきましょう。