オーディオとは

DTMで作曲する際、主にMIDI形式で入力するわけですが、実際の楽器を使って入力する「録音」とどう違うのかをご説明します。

実際の楽器の演奏をDAW内に録音したものを「オーディオ」といいます。MIDIとオーディオの大きな違いは、編集できるかできないかの違いです。

MIDIはあくまで音符の記録で、音声のデータは入っていません。つまり、単なる文字的なものだと思っておいてください。しかし、オーディオは音声化されたものです。つまり、声になったものです。

MIDI=文字
オーディオ=声

例えば、原稿用紙に書かれた文字(MIDI)は後で編集が可能ですね。
消しゴムや修正液を使えば、簡単に文字を書き換えたり消したりできます。

しかし、テープレコーダー等で、その原稿用紙に書かれたものを録音した場合(オーディオ化した場合)、後で編集できません。間違えたり内容を変更したい場合は、もう一度最初から録音しなければなりません。

DTMが多くの人に支持されたのは、実際に楽器を録音しなくても、MIDI形式で音を入力すれば、パソコンが代わりに演奏してくれる。また、間違って入力しても、録音のように最初から演奏し直さずに済み、その間違って入力されているところのみ音を変えるだけで、正しい演奏をしてくれる、という点です。

つまり、MIDIという規格のおかげで我々は作曲が身近に体験できるようになったわけです。