DTMおすすめツール トップ > Chordjam > Chordjamの起動

「Chordjam」の起動

Chordjamを起動しよう

それではインストールが済んだので、実際に「Chordjam」を起動しましょう。

Chordjamはスタンドアロン(DAWを使わない、ソフト単体での起動)に対応しています。

Windowsならスタートメニューから、MacならアプリケーションフォルダからChordjamを選択します。

Windows
※Windowsの場合

起動すると下図のような画面が表示されます。

chordjam

画面下のバーチャルキーボード(下図の赤枠部分)をクリックすると、単音を押さえただけでもコードとして出力されます。

chordjam

細かな使い方はまた追々見ていきます。



DAWで連携して使ってみよう

スタンドアロンでは音色が変えられませんので(たぶん)、手持ちのソフト音源の音色を鳴らしたい場合はDAWで使わないといけません。

ここでは「Studio One」「Cubase」「Logic Pro」の場合で見ていきます。

【Studio Oneの場合】
まずは「インストゥルメント」から「Audiomodern」フォルダをたどり、その中の『Chordjam』を選択し、起動します。

chordjam

そうすると「Chordjam」トラックが作成されます。

Chordjamトラック

続いて鳴らしたい音源を立ち上げます。
ここではStudio One付属の「Presence (Grand Piano)」音色にします。

「Grand Piano」トラックの下部をドラッグして、上から2番目の「すべての入力」というところをクリックして、「Chordjam」に設定します。

Chordjam

これでChordjamとGrand Piano音色がリンクされました。
その状態でChordjamのバーチャルキーボードをクリックすると、Grand Pianoトラックからコードが鳴るようになります。

Chordjam


【Cubaseの場合】
Cubaseでも手順はStudio Oneと同じです。
まずはメニューバーの「プロジェクト」から「トラックの追加」を選び、「インストゥルメント」をたどります。出てきた画面の「インストゥルメント」右側をクリックすると、インストゥルメントの一覧が出てきます。

一覧の中の「Intstrument Generator」にChordjamがありますので、それを選択し、「トラックを追加」をクリックします。

Chordjam

続いて鳴らしたい音源を立ち上げます。
ここではCubase付属の「HALion Sonic SE(Electric Piano)」音色にします。

Electric Piano

「Electric Piano」トラックの左端にあるインスペクタ画面に「All MIDI Inputs」というところがあるので、ここをクリックして「Chordjam」に設定します。

All MIDI Inputs

これでChordjamとGrand Piano音色がリンクされました。
その状態でChordjamのバーチャルキーボードをクリックすると、Electric Pianoトラックからコードが鳴るようになります。

Chordjam

Chordjamの画面が立ち上がった状態で、なおかつ「Electric Piano」トラックが選択状態(白くなっている状態)でないと音は出ません

Electric Piano



【Logic Proの場合】
Logic ProでもまずはChordjamを使いたい音色のトラックを立ち上げます。

画面左の「MIDI FX」というところ(音色名がセットされている上)をクリックします。

MIDI FX

そして「Audio Units」⇒「Audiomodern」⇒「Chordjam」とたどっていきます。

Chordjam

そうするとChordjamがセットされます。

Chordjam