DTMおすすめツール トップ > Chordjam > スケール・コードタイプの設定

スケール・コードタイプの設定

スケールの設定

それでは実際にChordjamの使い方についてみていきましょう。
まずはメインとなる「スケール」を設定するところから始めます。

画面左上のところで、「ルート音」と「スケール」を設定します。
ここで指定したスケールに応じたコードを鳴らすことができます。

ルート音とスケール

ルート音は既定では「C」となっているところをクリックすると、C~Bまでの12音の中から選べるようになります。
※黒鍵の音はすべて♯になっています

ルート音


続いて「Scale Type」というところでスケールを選択します。
既定では「Minor」となっているところクリックすると、色んなスケールが選択できます。

Scale Type

「Major」はメジャースケール、「Minor」はマイナースケール(ナチュラルマイナースケール)になっています。その他、音楽理論を学習されたことがある方には馴染みのある「Harmonic Minor」や「Melodic Minor」などもあります。

それ以外にも結構個性的なスケールがあり、日本的な「Hirajoshi (平調子)」や、「Japanese A(都節音階)」「Japanese B(ヨナ抜き音階)」というものもあります。



コードタイプの設定

コードの基盤となるスケールが決まったら、続いて「コードタイプ(コードのルート音以外の音程)」を決めます。

「Chord Type」と書かれているところをクリックすると、多種多様なコードタイプを指定することができます。

Chord Type

Chord Type

通常のトライアド系だけでなく、6thコードやaddコード、susコードなども収録されています。
※ちょっとわかりにくいですが、「Major Scale」はメジャートライアド、「Minor Scale」はマイナートライアドになっています

スケールを指定し、コードタイプを指定したら、下部のバーチャルキーボードを押さえればコードが鳴ります。

バーチャルキーボード

指定したスケール以外の音は鳴らない仕組みになっていて、スケール外の鍵盤を押さえてもスケール音で構成されるコードになるよう音も補正されます。

例えばCメジャースケールで、コードタイプを「Major Scale」にした場合、スケール外の「ド♯」を押さえてもド♯が含んだコードは鳴らず、代わりに「Csus4」が鳴ります。

バーチャルキーボード

ですので、いちいちスケール音を気にする必要はなく、ただバーチャルキーボードを押さえれば良いだけです。

Chord Typeで指定したものはあくまでそのコードを中心に鳴らすということで、すべてがそのコードタイプで鳴らされるわけではありません。

鳴るコードの音域が高かったり低かったりする場合は、「Octave」のところで調整することができます。最大2オクターブ上下( 24 / -24 )できます

Octave


次の『ボイシングの設定』へ