作曲ソフト(DAW)比較トップへ > クロスグレード版とは?

クロスグレード版とは?

クロスグレード版とは?

アップグレード版に似たものとして、「クロスグレード版」というものがあります。

「クロスグレード版」というのは、すでに有料版のソフトを持っている人を対象として、違うメーカーのソフトを割安で買えるというものです。簡単に言うと「乗り換え版」のことです。

例えば現在Cubaseを使っている人がStudio Oneも使ってみたいと考えた場合、通常版ではなく「クロスグレード版」を購入すれば良いわけです。

クロスグレード版の場合、だいたい通常版より20~30%近く安く買えます。

ただし、ソフトによってはクロスグレード版を採用していないところもありますので注意が必要です。

クロスグレード版を採用している主なソフトは・・・

Digital Performer
Studio One
ABILITY
FL STUDIO
Finale
Sibelius

などです。
※本数限定の場合もあります

ProToolsやCubaseでも期間限定でクロスグレード版を販売していましたが、今のところないようです。

今現在2つのソフトを同時購入しようと考えている場合は、クロスグレード版があるソフトを後に購入した方がお得になります。




クロスグレード版を購入する際の注意

クロスグレード版を購入する際の注意としては、今所有しているソフトによってはクロスグレード版が買えないという場合があります。

各社によって、どのソフトを持っていればOKというのがありますので、今所有しているソフトのその要件を満たしているかを必ず確認してください。

また、同じソフトでもモデルによっては不可となる場合があります。
例えばFinaleやSibeliusでは、KAWAIのスコアメーカーProは要件に満たしていますが、スコアメーカーStdは要件には満たしていません。

ですので、モデルやバージョン数など細かくチェックして対応しているかを判断してください。不安な場合は直接メーカーあるいは代理店のサポートセンターへ連絡して、自分の所有しているソフトは要件に満たしているかを確認しても良いでしょう。

ちなみに、無料ソフトや機材に付属していたソフトはどこでも不可です。また、クロスグレード版からクロスグレード版への移行も不可です(例えばFinaleクロスグレード版を持っている人がSibeliusクロスグレード版を購入するような形)。




クロスグレード版を購入したら

クロスグレード版を購入すると、大抵はシリアルナンバーだけ書かれた紙が入っています。そしてその紙に書かれている窓口へ連絡する必要があります。場合によっては何も入っていない場合もあります。
※インストールCD等入っていても、シリアルナンバーだけ入れても使えません

要件を満たしたソフトを持っているかを証明しなければならないので、前のソフトのシリアルナンバーが書かれた紙を写真でとったり、そのシリアルナンバーを窓口に伝えます。

そうするとクロスグレード版に入っていたシリアルナンバーが使用可能になったり、何も入っていなかった場合は新たにシリアルナンバーを発行してくれます。

クロスグレード版を購入したからと言って、前のソフトが使えなくなったりすることはありませんのでご安心ください。