Kick Ass Brassをバージョン2にアップグレード

個人的に気に入っているブラス音源に「Kick Ass Brass」というソフトがあります。

Kick Ass Brass

ここ数年は目立ったバージョンアップがなく、メインで使っているLogicでは使えずじまいで放置していましたが、このほどバージョン2が発売されました。

通常版は「325ドル」に対して、アップグレード版は「59ドル」なのでアップグレードした方がかなり得です。

元々このソフトはMedia Integrationさんが日本代理店だったのですが、今現在ではページがなくなっているのでおそらく契約が切れているのだろうと思います。ですので、バージョンアップも自分でやらないといけません。

すでにバージョン1を持っているけどどうやったら良いかわからないという方のためにアップグレード方法を紹介します。

アップグレードにあたって、バージョン1のシリアルナンバーとiLokアカウント(無料で作れます)が必要になりますので、事前に用意しておきましょう。

それではアップグレード手順を見ていきます。

【①アップグレード版を購入】
まずは下記からアップグレード版を購入します。
アップグレード版の購入

支払いはPaypalだけだったかと記憶します。


【②旧シリアルナンバーをメールで送る】
購入すると、インボイス(領収書)がメールで送られてきます。

インボイス内に、新しいシリアルナンバーはバージョン1のシリアルナンバーを教えてくれたら送るよと書いていますので、書かれているメールアドレスにシリアルナンバーを伝えます。

インボイス

文法が合っているのかわかりませんが、私のメール文例を下記に載せておきます。ちゃんとアップグレードできたので、おそらく意味は通じているかと思います・・・

 
件名:Submission of OLD SERIAL NUMBER (KAB)
 
Hello,My name is ***** *****
 
I purchased a Kick-Ass Brass! V2 - UPGRADE Version.
 
Order Number: *****
Order Date: *****
 
I submit my old serial number.
 
Old Serial Number: *****
 
Thank you.
 

My name is ***** *****のところはあなたのお名前をローマ字で書きます。

「Order Number」と「Order Date」はインボイス内に書いていますので、そのまま転記しましょう。
※この部分は不要かもしれませんが、ちゃんと購入したぞというのを証明するために書いておいた方が良いでしょう。

そしてバージョン1のシリアルナンバーを書きます。

上記メール送信後、2~3日程度するとバージョン2のシリアルナンバーが書かれた新しいインボイスが送られてきます。

ついでに、バージョン2のダウンロードもそちらでできるので、ダウンロードしておきます。

【③iLokアカウントにKick Ass Brassを登録】
Kick Ass Brassは、元々はスタンドアロンにも対応した独自のソフトでしたが、バージョン2では「UVI Workstation」の一音源扱いになりました。

UVI WorkstationはiLokアカウントを通して使用しないといけないので、Kick Ass BrassもiLokアカウントに登録しないといけません。

下記ページでiLokアカウントのIDを入力して登録します。
https://amg-software.com/AMG-Software-Authorization/

「Do you have an iLok account?」というところで「Yes」にして、iLokアカウントのIDを入力します。

iLokアカウントのID

そうすると、iLokアカウントにKick Ass Brassが登録されます。

iLok


最後に「UVI Workstation(無料)」が必要になるので、下記からダウンロードしましょう。
https://www.uvi.net/uvi-workstation.html#download

「UVI Workstation」を通して使うことになったので、無事にLogic Proでも使えるようになりました!

まだ実際の音は聴いていませんが、これから楽しみです!!