プロジェクト / トラック

プロジェクト作成と保存

Cakewalk by BandLab使い方講座

それでは実際にCakewalk by BandLabでプロジェクト(作曲ファイル)を作成してみましょう。また、プロジェクトの保存についても見ていきます。

プロジェクトの作成

Cakewalk by BandLabを起動すると、下図のような「スタートスクリーン」が表示されます。

Start Screen

そして、左端の「新規プロジェクト」を選択します。

新規プロジェクト

Cakewalk by BandLabではあらかじめテンプレートファイルが用意されています。

ここでは何も設定されていない「Empty Project」を選んでみましょう。

テンプレートファイル

そうすると、プロジェクトファイルが作られます。

プロジェクト画面

プロジェクトの保存

プロジェクトを作成したら保存しておきましょう。

ただ、Cakewalk by BandLabでは色んな保存が用意されていて違いがわかりにくいのでそれぞれ見ていきます。

保存(上書き保存)

通常の保存は、メニューバーの「ファイル」から『保存』を選択します。
※「Ctrl 」キーを押しながらキーボードの「S」でも構いません

保存

この「保存」をするたびに上書き保存されていきます。

名前を付けて保存

上書き保存せず、別のファイルとして保存したい場合は同じところの「名前を付けて保存」を選びましょう。

名前を付けて保存

こちらは全く別のファイルとして残しておきたい場合に使える保存方法と言えます。

コピー保存

ちょっと特殊な保存形式として、「コピー保存」というものがあります。

コピー保存

先程の「名前を付けて保存」をすると、新しく付けた名前のプロジェクトとして作業を進めることになります。

一方、「コピー保存」ではファイルは別で作られるものの、今見ているプロジェクトは元のままになります。ですので、名前を変えるほどではないものの、一時的に予備として保存しておきたいという場合に使えます。

トラックテンプレート

ある程度作曲数が増えてくると、自分なりの楽器(トラック)構成などが固定化されてきます。

毎回決まった構成をまたイチから組み立てるのは面倒な場合はテンプレートとして保存しておきましょう。

まずはいつもの構成の状態で、メニューバーの「ファイル」から「エクスポート」をたどり、その中の『トラックテンプレート』を選択します。

トラックテンプレート

わかりやすくテンプレート名を付けておきます。ここでは「band-style」という名前を付けました。

テンプレート名

保存したテンプレートを呼び出したい場合は、メニューバーの「挿入」から『トラックテンプレート』を選択します。

トラックテンプレート

そして先程選んだテンプレートファイルを選択します。

テンプレートファイル

そうするとイチから作らなくても、いつも決まった構成で作業をスタートすることができます。

次のページでは「操作画面」について見ていきます。

-プロジェクト / トラック