SONAR使い方講座トップ > スイング設定

SONARでのスイング設定

スイング設定

【スイングとは】

「スイング(swing)」とは、「Jazz」や「Blues」などで使われる特有のリズムのことです。

具体的には、2つ連続した音符があると、オモテの音を長めにとり、ウラを短く演奏する方法です。

SONARではMIDIノートに、こういった「スイング感」を出すことができます。
それでは、見ていきましょう。


【スイングの設定】

「スイング」の設定も、「クォンタイズ」と同様、「クォンタイズ」ダイアログから行います。

クォンタイズダイアログ

スイングの設定は、「オプション」の中にある『スイング』で行います。

スイング

「50%」が既定で、全くスイング感が無い状態です。この状態を「イーブン」と言います。
これは、オモテの音符とウラの音符が50%ずつ、つまり50:50 (1:1)の状態を表しています。
「スイング」値は、オモテの音符の割合を表します。

イーブン

「Jazz」や「Blues」でとられるスイングは、オモテの音符とウラの音符が大体「2:1」つまり、「66%:33%」なので、スイング値を「66%」にします。

そうすると、先ほどのMIDIノートが次のように変化します。

スイング

「スイング設定」はあくまで、タイミングがスイングされるだけで、MIDIノートの長さは変わりません。

ドラムトラックにはとても有効な機能です。