ギター初心者のための弾き方&作曲講座トップ > ギターの音名の位置

ギターでみる各音名の位置

ギターの各音名の位置

前回の「ギターでの音名」では、ピアノの鍵盤図を使って音の位置を見ましたが、今回はギターを使ってみていきます。

ギターは何も指を押さえなければ、低い音(第6弦:一番太い弦)から高い音(第1弦:一番細い弦)に向かって
「E」⇒「A」⇒「D」⇒「G」⇒「B」⇒「E」となります。

開放弦

指を押さえていない弦のことを「開放弦(かいほうげん)」といいます。

それでは、開放弦の音を聴いてみてください。


ギターは、「フレット」を越えるにしたがって音が半音ずつ上がっていきます。
ということで、次のようになります。
※「フレット」というのは、音が切り替わる隔たりで、少し出っ張っているところです。

各音名の位置

空白になっているところに、「♯」や「♭」が付く音名が入ります。

また、音名が同じ色の音は、同じ高さの音になりますので、全く同じ音がなります。

ちなみに、第6弦の5フレットの「A」と第5弦は同じ音
第5弦の5フレットの「D」と第4弦は同じ音
第4弦の5フレットの「G」と第3弦は同じ音
第3弦のフレットの「B」と第2弦は同じ音
第2弦の5フレットの「E」と第1弦は同じ音
になります。

第3弦と第2弦のみは他と少し異なりますので注意が必要です。

これはギターのチューニング(調弦:各弦を正しい音にあわせる)の時によく使われる方法ですので、覚えておくとよいでしょう。