GarageBand使い方講座トップ > ボリューム(音量)を調整する

ボリューム(音量)を調整する方法

ボリューム(音量)を調整する方法

全体のボリューム調整

トラック数が多くなると、全体的なボリュームが大きくなり、場合によってはノイズが発生することがあります。そこで、ボリュームを下げる必要があります。

全体的にボリュームが大きい場合は、操作画面の下にボリュームを調整するバーがあります。

全体のボリューム

バーを右へスライドさせれば音量が大きく、左へスライドさせれば音量が小さくなります。

次のように、音量メーターが赤く点灯していたら、かなり音量が大きいということですので、適宜ボリュームを調節して、赤くならないようにしましょう。

音量メーター



各トラックの音量調節方法

各トラックごとに音量を調節することができます。
パンを調節するツマミの右隣にあるバーが、トラックごとに調節できるボリュームです。

トラック音量

全体のボリューム調整方法と同じように、バーを右へスライドさせれば音量が大きく、左へスライドさせれば音量が小さくなります。

各トラック、全体的なバランスを考えて調節するようにしましょう。


曲の途中でボリュームを変える

パンと同様、曲の途中で音量を変えることができます。
操作はほぼパンと同じで、トラック表示部分の右端に「▼」ボタンをクリックします。

ボリュームの設定

クリックすると「トラック音量」と書かれていますので、その先頭をクリックします。
そうすると、先頭部分が点灯します。

トラック音量

タイムライン上にトラック音量を表す線が出ていればOKです。

トラック音量の線

パンのところと同様に、ビートルーラで位置を確認しながら、音量を変えたい部分に合わせて、線上をクリックします。そうすると、コントロールポイントが作成されます。

コントロールポイント

このコントロールポイントを上もしくは下へドラッグします。
上へドラッグするとボリュームは大きく、下へドラッグするとボリュームは小さくなります。

今回もわかりやすくするため、極端にボリューム調整をしてみました。

ボリュームの移動


全体のボリューム調整

トラック数が多くなると、全体的なボリュームが大きくなり、場合によってはノイズが発生することがあります。そこで、ボリュームを下げる必要があります。

全体的にボリュームが大きい場合は、操作画面の右上にボリュームを調整するバー(マスター音量)があります。

マスター音量

バーを右へスライドさせれば音量が大きく、左へスライドさせれば音量が小さくなります。

次のように、音量メーターが赤く点灯していたら、かなり音量が大きいということですので、適宜ボリュームを調節して、赤くならないようにしましょう。

マスター音量



各トラックの音量調節方法

各トラックごとに音量を調節することができます。
パンを調節するツマミの右隣にあるバーが、トラックごとに調節できるボリュームです。

トラック音量

全体のボリューム調整方法と同じように、バーを右へスライドさせれば音量が大きく、左へスライドさせれば音量が小さくなります。

各トラック、全体的なバランスを考えて調節するようにしましょう。


曲の途中でボリュームを変える

パンと同様、曲の途中で音量を変えることができます。
操作はほぼパンと同じで、トラック表示部分の上に「オートメーション表示/非表示」ボタンがあります。

オートメーション表示/非表示

このボタンをクリックし、トラック表示部内に「ボリューム」となっていることを確認し、リージョン上をクリックします。そうすると、黄色の線でボリュームが表されます。

ボリューム

パンのところと同様に、ビートルーラで位置を確認しながら、音量を変えたい部分に合わせて、線上をクリックします。そうすると、コントロールポイントが作成されます。

コントロールポイント

このコントロールポイントを上もしくは下へドラッグします。
上へドラッグするとボリュームは大きく、下へドラッグするとボリュームは小さくなります。

今回もわかりやすくするため、極端にボリューム調整をしてみました。

ボリューム調整