DTMおすすめツール トップ > Chordjam > シーケンサーの使い方:その3

シーケンサーの使い方:その3

シーケンサーの使い方:その3

前回、シーケンサーでコード進行を作りました。
ここでは各種編集方法について見ていきます。

【コードを変える】
コードを変えたい場合は、一旦変えたいコードを選択します(緑の帯をクリックします)。ここでは2つ目の「Fmaj7」を変えてみます。

Fmaj7

そして変えたいコードのルート音をバーチャルキーボードで押さえます。例えば「ミ」を押してみます。そうすると「ミ」をルートにした『Em7』に変わります。

Em7



【コードの順番を変える】
コードの順番を変えたい場合は、順番を変えたいコードの帯をドラッグして、変えいたい場所まで移動させます。

例えば2つ目の「Em7」と、1つ目の「Cmaj7」を逆転させたいとします。
「Em7」の緑の帯をドラッグして、「Cmaj7」の前に持ってくるようにします。

Em7

そうすると、「Em7」が滑り込むように1つ目に入ります。

Em7



【コードの長さを変える】
コードの長さを変えたい場合は、そのまま長くしたいコード、短くしたいコードの帯の端をドラッグするだけです。

すぐ隣にコードがある状態でドラッグすると、自動的に隣のコードの長さが短くなります。

長さ



【ボイシング・ベロシティ・タイミングを変える】

以前見た、ボイシング・ベロシティ・タイミングの設定が個別のコードでできます。一旦それらを調整したコードを選択します。例えば「Cmaj7」をクリックして、選択状態にしておきます。

Cmaj7

そして、ボイシング・ベロシティ・タイミングの各項目を調整します。例えば次のような感じにしてみました。

Cmaj7

これらの設定は選択したコードのみ適用されますので、各コードで設定するとよりリアリティのあるコードバッキングになります。

ただ、ボイシング・ベロシティ・タイミングの各項目のあらかじめ設定して内容をすべてのコードに適用したい場合、一旦最初に調整しておきます。そして鍵のマークを押しておきます。

鍵のマーク

この状態で再度シーケンサーにコードを入力していくと、鍵が付いた設定をキープした状態でコードが鳴るようになります。

鍵のマーク