GarageBand使い方講座トップ > MIDIループの音源を変更する

MIDIループの音源を変更する

MIDIループの音源を変更する

通常、MIDIループ(緑色のループ)には、音の情報がなく、音符の情報しか入っていません。
それにも関わらず、GarageBandのタイムライン上に配置し再生すれば楽器音が聴こえます。
これは、そのMIDIループに割り当てられた音源情報が自動的にセットされるためです。

しかし中には、MIDIループのフレーズは気に入っているけど音色が気に入らない、ベース用のMIDIループだけど、エレピに変えたい場合などあるでしょう。

ここでは、GarageBand側で自動的にセットされる音源の変更方法を見ていきます。


楽器音色を変更する

例えば、次のアコースティックピアノのMIDIフレーズを、フレーズを維持したまま、エレクトリックピアノに変更したいとします。


ではまず、音源を変えたいトラック(ここでは、先程のMIDIフレーズを配置したアコースティックピアノのトラック)をクリックします。そうすると、トラックパネル部分の色が反転します。

トラック選択

つづいて、画面左の「ライブラリ」から別の音色を選択します。

ライブラリ

「ライブラリ」が表示されていない場合は、画面左上のところから「ライブラリ」のボタンを押してください。

ライブラリ

ここでは「レガシー」の中の「Pianos and Keyboards」に入っている、『Electric Piano』を選択します。

Electric Piano

変更されると、次のようにトラック部分のアイコンと楽器名もエレクトリックピアノに変更されます。

Electric Piano

では、エレクトリックピアノに変更したものを聴いてみましょう。


そのほか、色んな楽器音色を試してみて、自分のイメージにあうものへ変更してみましょう。


楽器を変更する

同じ要領で、楽器自体も変更可能です。
試しに、ここではピアノから「Horn(管楽器)」の音色に変えてみましょう。
同じく「レガシー」の中にある「Horns」から、『Horn Section』を選びます。

Horn Section

トラック部分も「Horn」に切り替わりました。

Hornへ変更

では、HornにかえたMIDIフレーズを聴いてみましょう。