GarageBand使い方講座トップ > プロジェクトテンプレート

プロジェクトテンプレート

目的にあわせたプロジェクトテンプレート

GarageBandにはあらかじめ一部のジャンルに特化したプロジェクトテンプレートが用意されています。

GarageBandを立ち上げた時に出てくる画面の左側に「プロジェクトテンプレート」という項目がありますので、こちらをクリックするとテンプレートファイルを開くことができます。

プロジェクトテンプレート



鍵盤楽器コレクション

「鍵盤楽器コレクション」は、その名の通り鍵盤メインのソフト音源がセットされた状態でプロジェクトが作成されます。

アコースティックピアノ、エレクトリックピアノ、オルガン、シンセサイザー(ベース・ストリングス・Pad・アルペジエーター)などです。



アンプコレクション

「アンプコレクション」は、ギター録音中心の作曲をしたい場合に選びます。
起動すると、自動的にギターアンプ(クリーン・ディストーション・フェーザーなど)がセットされています。



ボイス

「ボイス」は、あらかじめボーカルエフェクトがセットされた5つのトラックが用意されています。エコーがかかったものや、電話で話しているようなもの、ロボットボイスになるものなどがあります。



ヒップホップ

「ヒップホップ」は、ヒップホップ系の音源中心で構成されています。
電子ドラム・シンセサイザー(ベース・アルペジエーター)・ストリングスなどです。



エレクトロニック

「エレクトロニック」は、その名の通り電子楽器中心のトラック構成になっています。電子ドラムやオルガン、トランス系・EDM系の音色がセットされたトラックがあらかじめ用意されています。



ソングライター

「ソングライター」は、ワンコーラス分のドラム素材があらかじめセットされており、ポップス系の音源が作成されています。ボーカル録音用のトラックもあります。



どれを選んでもループやトラックを後々追加できるので、特にこだわる必要はありません。


GarageBand使い方講座』トップへ