ループ / リージョン

ループを使ってみよう

2022年4月26日

ループを使ってみよう

『GarageBand使い方講座 (Logic Pro対応版)』トップ

GarageBandとLogic Proの魅力はやはり多種多様のループ素材が付属しているところです。

ここではGarageBandやLogic Proでのループ素材の使い方について見ていきます。

このページは次のような方にオススメです。

このような方にオススメ

  • 付属のループ素材を使って作曲したい
  • 目的やイメージに合ったループ素材を見つけたい
  • 自作のループ素材を登録したい

ループブラウザを立ち上げる

ループは画面右側の「ループブラウザ」というところで一括管理されています。

ループブラウザ

ループブラウザが表示されていない場合は画面右上にある「ループブラウザ」ボタンを押して有効にします。

ループブラウザ
GarageBand
ループブラウザ
Logic Pro

目的のループを探す

付属するループ素材はかなり多いので、一つ一つ聴いていくわけにはいきません。

ループブラウザは絞り込みが可能ですので、それを使って目的のループ素材を探しましょう。

「音源」で絞り込む

ループブラウザ上部の「音源」というところをクリックすると、音源(楽器)ごとにループ素材を絞り込むことができます。

音源

例えば「ピアノ」を選択すると、ピアノ系のループ素材が下部に一覧表示されます。

音源

ちなみに、「音源」とループ素材が表示されている境目を下にドラッグすると、さらに選べる音源の種類が増えます。

音源

「ジャンル」で絞り込む

「ジャンル」というところをクリックすると、ジャンルごとにループ素材を絞り込むことができます。

ジャンル

こちらも例えば「ファンク」をクリックすると、ファンク系のループ素材が表示されます。

ジャンル

ただしこちらは楽器ごとではないので、いろんな楽器のループ素材が混じっています。

ループのイメージで絞り込む

「詳細表示」というところを押すと、「歪んだ」や「無機質」といった、イメージでループ素材を絞り込むことができます。

詳細表示

言葉のイメージではやや抽象的なので、実際に聴いてみないとわかりにくいです・・・

スケールと拍子で絞り込む

ドラムやパーカッションのような打楽器系は除いて、各ループ素材にはキーの情報も含まれています。

「スケール」と書かれているところをクリックすると、「メジャーキー」系か「マイナーキー」系かを絞ることができます。

スケール

GarageBandは既定では各ループにキーの情報が書かれていませんが、メニューバーの「環境設定」から「ループ」タブをクリックし、その中にある「オリジナルのテンポとキーを表示」にチェックを入れると、ループ素材にキー情報も表示されます。

オリジナルのテンポとキーを表示
キー

また、こちらはLogic Proのみですが、「拍子」で絞ることもできます。

拍子

特殊な拍子で作曲する場合は、拍子から絞り込んだほうが良いかもしれません

ループのタイプで絞り込む

各ループには、ソフトウェア音源を使用する「ソフトウェア音源ループ(MIDIループ)」、録音された素材の「オーディオループ」、Drummer機能で作られた「Drummerループ」の3つのタイプがあります。
※Logic Proのみ、ステップシーケンサー機能で使える「パターンループ」を含めて4種類

どのループ素材がどのタイプなのかはループタイトルが書かれている左隣のマークでわかります。

下図のような緑色の枠に音符の記号が書かれているのが「ソフトウェア音源ループ(MIDIループ)」を示しています。

ソフトウェア音源ループ

下図のような青色の枠にオーディオの波形が書かれているのが「オーディオループ」を示しています。

オーディオループ

下図のような黄色の枠にオーディオの波形が書かれているのが「Drummerループ」を示しています。

Drummerループ

こちらはLogic Proのみですが、下図のような黄色の枠にグリッドの画像が書かれているのが「パターンループ」を示しています。

パターンループ

各ループのタイプを指定して絞り込むことができます。

ループ一覧の「名前」と書かれている左隣のところを押してみましょう。

ループタイプ
Logic Proの場合

そうすると、ループタイプという画面が出てきますので、目的のものをチェックマークを入れたり外したりしながら絞っていきましょう。

ループタイプ

複数の項目で絞り込む

これまで見た「音源」「ジャンル」「詳細表示」「スケール(拍子)」「ループタイプ」をまとめて設定して絞り込むこともできます。

例えば「音源」では『すべてのドラム』、「ジャンル」では『ファンク』、「詳細表示」では『アコースティック』というふうに重ねて絞り込んでいくと下図のようになります。

ただし、あまり指定が細かいとそれに合ったループ素材の数も減っていきます

条件をリセットしたい場合は一番左端の×マークをクリックします。

リセット

ループを試聴する

気になるループ素材があれば試聴することができます。

試聴はそのままループ素材のタイトルをクリックするだけです。

ループ

試聴を止める場合はもう一度クリックします。

ループブラウザ下部でも再生を止めたり、オーディオ波形を見ることができます。また音量を調節することもできます。

ループ試聴

また、Logic Proではキーを変えて試聴することもできます。

キー

ループ素材をトラック領域に配置する

目的のループ素材を選んだら、それをトラック領域にドラッグして挿入(ドラッグ&ドロップ)して使います。

ドラッグ&ドロップ

トラック領域に挿入すると、ループ素材が「リージョン」という一つのデータとして扱われます。

ループタイプによってリージョンの色も変わりますので視認性も良いです。

ループタイプ

自作ループをループブラウザに登録するには?

自分で考えたフレーズをループ素材として「ループブラウザ」に登録することができます。

ここではピアノロールエディタで打ち込んだループ素材を登録してみます。

まずはピアノロールエディタでループフレーズを作成します。ここでは、アコースティックギターの音色を使って次のようなMIDIループを作成しました。

では、このMIDIループ(リージョン)を選択し、メニューバーの「ファイル」から『リージョンをループライブラリに追加』をクリックします。

ループライブラリに追加

そうすると、「Apple Loopsライブラリにリージョンを追加」ダイアログが表示されます。

ループライブラリに追加

作成したループ素材にあった特徴に合わせて情報を選択していきます。ここでは、上図のようにしてみました。

ダイアログ右下の「作成」をクリックすると登録されます。

ループブラウザで検索すると、自作のループ素材が登録されているのがわかります。

ループライブラリに追加

次のページでは「リージョンの編集」について見ていきます。

-ループ / リージョン