Studio One Free使い方講座トップ > 音源とMIDIループ素材のインストール:方法2

音源とMIDIループ素材のインストール:方法2

音源とMIDIループ素材のインストール:方法2

最近になって、通常通り「前記事の方法1」で音源とMIDIループ素材をダウンロードしようとしても、下記のように「リクエストは失敗しました」というメッセージが出るようになったそうです。
※当スクールの生徒さんに教えていただきました

リクエストは失敗しました

「リクエストは失敗しました」と表示された場合の対処法を記します。
まずソフトを起動したら、メニューバーの「Studio One」から『Studio One アクティベーション』をクリックします。

アクティベーション

続いて出てきたダイアログの「デモバージョンを試用」をクリックします。

デモバージョンを試用

続いて「新規アカウントを作成」をクリックします。

新規アカウントを作成

必要事項を入力し、ユーザー登録をします。ユーザー登録にお金はかかりません。

ユーザー登録

「登録」ボタンを押すと自動返信メールが送られますので、その中にあるリンクをクリックします。

メール

移動したページで、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力し、「Sign in」を押して完了です。

Sign in

再度Studio Oneに戻り、アクティベーションを完了させます。
実際にアクティベートできるまで時間がかかることがありますので、できなかった場合は少し時間をおいてから再度実行してください。

アクティベート

アクティベーションがうまくいったら、メニューバーの「Studio One」から『Studio One インストール』をクリックします。

Studio One インストール

「PreSonusユーザーアカウントからコンテンツをインストール」をクリックします。

Studio One インストール

最後にインストールできる音源とMIDIループ素材が表示されるので、チェックボタンにチェックマークを入れてダウンロードします。

音源

Studio One 再起動時にいくつか警告文が出るかと思いますが、気にせず「cancel」をクリックしてください。

「デモバージョン」は30日しか使えませんので、永久に使えるようにするためには製品版を購入するか、「Free」版に変える必要があります。

ちなみに残り期間の調べ方は、メニューバーの「ヘルプ」から『Studio One について』をクリックすると表示されます。

Studio One について

「Free」版に変えるには、メニューバーの「Studio One」から『Studio One アクティベーション』を選択し、『無償バージョンを起動』をクリックします。

Studio One Free

そうすると、次回以降から「Studio One Free」として期間制限なく使用できます。
※改めて音源とMIDIループ素材のインストールは必要ありません