Studio One Free使い方講座トップ > MIDIレコーディング

MIDIレコーディングについて

MIDIレコーディングについて

Studio One FreeはMIDIキーボードを使った「リアルタイムレコーディング」も可能です。

ピアノやベース、ドラムなどある程度MIDIでも表現できるトラックに活用すると、一つひとつMIDIノートを打ち込んでいくより、かなりの作業量を減らすことができます。

「MIDIデバイス設定」で、お使いのMIDIキーボードがセッティングされているか確認してください。

確認ができたら、付属音源の「Presence」を立ち上げましょう。

Presenceトラック

『Presence』と書かれているところの下が、「すべてのインップット」になっている状態で、MIDIキーボードを弾いてみます。そうすると、MIDIトラックのインプットレベルが反応します。

インプットレベル

「Presence」のキーボードやインプットレベルも同様に反応します。

キーボード

インプットレベル

オーディオレコーディングと同様、すべての準備が整ったら、画面下の「録音ボタン」を押します。

録音ボタン

メトロノームが必要な場合は、「メトロノーム」のところにあるボタンを押します。

メトロノーム

うまく録音されていると、次のようにピアノロールにMIDIノートが表示されます。

MIDIノート