Studio One Free使い方講座トップ > ヒューマナイズ設定

ヒューマナイズ設定

ヒューマナイズ設定

前回はタイミングの補正「クオンタイズ」の方法を見ていきました。

しかしあまりにタイミングがキッチリ過ぎると、それはそれで機械的な印象を持たれてしまいます。

そこでおすすめなのが「ヒューマナイズ」設定です。
「humanize」、つまり人間らしくする方法です。

特に人間らしさの必要な「ドラム」トラックで使うと良いでしょう。

次のような8ビートのハイハットがあったとします。

ハイハット

しかし、この状態だとキッチリしすぎて、明らかに手で打ち込みました感が強くなります。

そこで、まずはヒューマナイズさせたいMIDIノートを選択します。

ヒューマナイズ

そして、「アクション」から『ヒューマナイズ』をクリックします。

ヒューマナイズ

そうすると、わずかに一部のMIDIノートのタイミングがずれ、人間らしさの出るタイミングに補正されます。

ヒューマナイズ

ベロシティもわずかに変化します。

ベロシティ


次の『スウィング設定』へ