DTMおすすめツール トップ > Chordjam > パッドモードの使い方:その2

パッドモードの使い方:その2

パッドモードの使い方:その2

パッドに割り当てるコードは、ボイシングやベロシティなどを変えた状態でも可能です。

まずは任意のボイシングやベロシティ、タイミングにしてみます。

アレンジ

そして割り当てたいパッドを押さえれば、これらの設定がアレンジ済みのコードが割り当てられます。

パッド

また、アルペジエーターモードを使ったコードも割り当てることができます。まずはタイミング設定のところで「ARP」を選択します。

そして目的の動きを選びます。ここではコード音が下から上へ移動する「UP」にしました。

ARP

この状態で割り当てたいパッドをクリックします。

ARP

ご覧の通り、パッド右上のマークがMIDIノートのような感じになっています。


ある程度目的のコードをパッドに割り当てたらいつでも使えるようにセーブしておきましょう。セーブは画面右側の「Save」から可能です。

Save

「SAVE PADS」の下にある空欄に保存名を指定します。ここでは「pad-pattern1」としました。

Save

そしてその下にある「SAVE」を押すとファイルが作成されます。

Save

ファイルを呼び出したい場合は、画面上の鉛筆マークをクリックします。

鉛筆マーク

そして、先ほど保存したファイル名をダブルクリックします。

ファイル

そうすると、先ほどのパッド構成が呼び出されます。

ファイル