作曲本レビュー トップ > 『ジャズ・スタンダード・セオリー ~名曲から学ぶジャズ理論の全て』

『ジャズ・スタンダード・セオリー ~名曲から学ぶジャズ理論の全て』納 浩一著

『ジャズ・スタンダード・セオリー ~名曲から学ぶジャズ理論の全て』納 浩一著

こちらの本は、ジャズマン必携の書と言っても良い「ジャズ・スタンダード・バイブル」シリーズの筆者、納 浩一さんによるジャズ理論書です。

一般的な理論を順番に解説していくというスタイルではなく、既存曲のコード譜を基に、ここではどういう理論が使われているということを解説してくスタイルなので、実践に基づいた形で読み進められます。

簡単に言うと、コードアナライズ(コード分析)がメインとなる理論書です。

15曲分の譜例が掲載されており、なおかつその譜例の実演CD付きなので、目で理解したものを、耳で確認するということが可能です。

ダイアトニックコードの説明から始まり、セカンダリードミナントや裏コード、分数コード、サブドミナントマイナーコードなど、ほとんどの音楽理論が網羅されているといっても過言ではありません。

また、コードだけでなく、アベイラブル・スケール(各コードに適したスケール)やモードについての解説もされています。

ただ、副題には「ジャズ理論の全て」と書かれていますが、ジャズっぽい響きのテンションコードやaddコード、ジャズコード特有のボイシングについては解説がなかったので、そういった部分ではまた他の書に任せないといけません。
※あるいはそういった部分を解説した続編を期待します

譜例や図も多用されていることからわかりやすく解説しようという工夫がされていますが、全く理論を知らない人がジャズ理論を知りたいということでこの本を手にするのはあまりお勧めできません。

ある程度音楽理論について知っていて、復習的な意味合いで使うと良いかなと感じました。

個人的には本書内の譜例をコピーして、自分なりにアナライズしてみて、著者のアナライズで答え合わせするということをすると、かなり勉強になると思います。

ただしこちらの本でも書かれているように、著者のアナライズはあくまで著者の視点であって、必ずしもそれのみが正解というわけではありませんので、自分はこう思うというのがあって当然です。

『ジャズ・スタンダード・セオリー ~名曲から学ぶジャズ理論の全て』納 浩一著
『ジャズ・スタンダード・セオリー ~名曲から学ぶジャズ理論の全て』納 浩一著