CUBASE新バージョン「11」リリース

下記の情報や価格はあくまで投稿時のものです。ご覧になった時には変更になっている場合もあります

毎年この時期恒例のCubaseのアップデート。
今年もアップデートされ、「CUBASE 11」がリリースされました。

CUBASE 11

リリース日が11月11日で、なおかつバージョン「11」ということもあり、おそらくこの日を狙っていたんだなということが感じられます・・・

新機能としては各種ありますが、個人的に一番気になったのは「スケールアシスタント」です。

この機能は指定したスケールに合わせてクオンタイズできたり、指定したスケール音しか動かせなかったりします。決まったキーで作るときには非常に役立つ機能だろうと思います。

ただ、アップデートの申し込みが殺到したためにサーバーに負荷がかかり、今のところアップデートの受付を停止しています。

私自身停止前にアップデート版を購入したので間に合いましたが、eLicenserがバージョン11へのアップデートができず、結局使えずじまい・・・ただ、翌日になると無事にアップデートできました!

今のところ復旧は未定ですが、Cubase社長からも声明を出されています。
https://japan.steinberg.net/jp/news_events/news_list/detail/article/steinberg-5719.html

今までこういったことがなかったので、Cubase11への期待がかなり大きかったのかなと思います。無事に復旧されることを願っています。

ただ、アップデートが中止しているだけで新規で購入することはできます。SteinbergサイトからはPro版が「62,700円」、Artist版が「35,200円」、Elements版が「13,200円」となっています。

他社製DAWをお持ちの方専用のCrossupgrade版CUBASE Proでは「41,800円」となっています。

CUBASE PRO 10.5ユーザーは「11,000円」となっています。

CUBASEは国内ではシェアNo1なので、実力はお墨付きです。
この機会にぜひ手に取られてはいかがでしょうか?