「ABILITY」バージョン3.0にアップグレードしました

7/18にインターネット社のDAW、「ABILITY」がバージョン3.0になりました。

すでにABILITYシリーズを所有している場合は優待価格でアップグレードできますし、7/31までなら早割キャンペーンが適用されるということなので、駆け込みでアップグレードしました。

今回のバージョンアップで目を見張るのが、ソングエディタが全体的に暗色に変わりました。いわゆる「グレーモード」というやつでしょうか?

ソングエディタ

暗色の方が打ち込んだデータとコントラストが付いてより認識しやすくなったのではないかと思います。

あともう一点、「ワンウィンドゥ」モードが搭載され、ソングエディタとピアノロールビューなどを同時に表示できるようになりました。

ワンウィンドゥ

これまでならソングエディタとピアノロールビューなどを切り替えなければなりませんでしたが、ワンウィンドゥなら同時に見ることができるので作業効率も高まるのではないかと思います。

ある程度解像度の高いディスプレイならより作業がしやすくなるだろうと思います。

グレーモードやワンウィンドゥは他のDAWでは前から搭載されていたので、ABILITYも潮流に乗ってそれらを意識しているのだと思います。

その他、総合音源として「Sample Tank 4 SE」が付属するようになって、これまでのHyper Canvasでの物足りなさも解消されるのではないかと思います。

まだまだ操作しきれていませんが、これからゆっくり操作したいと思います。