Mac OS X『Mojave』をインストール

下記の情報はあくまで投稿時のものです。ご覧になった時には変更になっている場合もあります

遅ればせながらMac OS X『Mojave』をインストールしてみました。すでに次期OS『Catalina』が発表されているというのに・・・

Mojave

なぜ今なのかというとそもそも「High Sierra」でも特に不便を感じなかったというのと、DTMは複数のソフトがあって最新のOSに対応するまで時間がかかるという点があったからです。

これだけ時間が経てばDAWや音源も対応してきているだろうと感じました。

ただ、そのままアップグレードするのは怖かったので、外付けのSSDにインストールしました。


インストール自体は特に戸惑うことなく完了したのですが、起動が遅い!という事態に見舞われました。

High Sierraではだいたい25秒ぐらいならデスクトップ画面が表示されていたのですが、3分近くかかりました。

「こんなことなら別にMojaveをインストールしなくてもよかったかな?」と思っていましたが、最新バージョンを適用させたり、起動とシャットダウンを何度か繰り返しているうちにHigh Sierraと同様、25秒ぐらいまで縮まりました。

もしMojaveの起動が遅いと思われている方は、ぜひそのまま使い続けてみましょう。だんだんと短くなってくるだろうと思います。


ただ、なぜかよくフリーズするという事態に見舞われています。
OSを再インストールしても変わりません。

立ち上げているソフトとの相性か、それともセキュリティソフトとの相性か・・・。

一番困るのが音源をダウンロードしている時。
最近の音源は何かとダウンロード形式が多く、またその容量も20GBとか30GBとかがザラにあります。

あともう少しでインストール完了だなという時にフリーズしてしまった日には愕然としてしまいます。

こういう時は電源ボタンを押して強制シャットダウンをするしかないのですが、創作活動中にフリーズでもしたらと思うと怖くて使えません。

ちょっとこのまま様子をみながら考えてみようと思います。