【ABILITY ミニTips】 スケールウィンドウ

ABILITYの体験版を少しずつですが使ってみました。

ABILITYはSinger Song Writer後継ですが、Singer Song Writerにはなかった(と思う)「スケールウィンドウ」というモードがありました。

スケールウィンドウ

その名の通り、「スケール(音階)」をすぐに調べられる機能です。

今現在の調で使えるスケールが一覧として出てきます。

スケール

一覧の中には、いわゆる「モード」と呼ばれる、通常のメジャースケールやマイナースケールとは異なるスケールも表示されます。

これはメロディ作り等の参考になって重宝するのではと思いました。

ただ、あまりこういった機能に頼りすぎると自分でスケールが導き出せない、あるいは導き出してもスケール音が間違っているといったことになりかねませんので、やはりまずは自分の力で導き出してみるということが大切になってくるのではと思います。

スケールが不安という方は一度使ってみてはいかがでしょうか?